2011年05月04日

安倍晋三は上底保守(見かけ倒し)-国会に蠢く狂人集団「衆参対等統合一院制国会実現議員連盟」

 自由を維持する権力分立均衡型統治の根幹は、三権分立ではなく、司法部門と行政部門より優位に立つ立法部門すなわち国政全般を支配する立法(承認)権と予算承認権を有する議会の分割にある。

 議会の分割を欠く三権分立は、権力分立均衡型統治のニセモノであって、公選一院制は議会制デモクラシーを数の暴力政治-多数圧政に変え、一院の過半数議席を獲得した政党に権力を集中させ、法の限界を踏み躙る一党独裁体制を生み出し易い。

 公選一院制の国会では、国会の多数を占めた政党は数を頼んでろくな審議なしに悪法を強行採決することができ、野党の説得に努める必要もなければ、野党の批判に耳目を傾注する必要もなく、また立法部門の完全掌握を通じて、司法部門と行政部門に対する優位を占めることができるからである。

 実際に国会が衆議院一院制であったならば、衆議院の過半数議席を獲得した民主党に国権が集中してしまい(詳細は日本国憲法下の異常な権力集中現象)、合法かつ民主的に、ほぼ一党独裁に近い左翼全体主義体制が出現し、民主党は日本国を解体する闇法案を次から次へと可決し、中国や韓国との間で、我が国の国益を破壊する不平等条約を締結していただろう。

 一院制は危険きわまりない政治制度であると知っている方は、始めにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

 参議院は、ソ連共産党を模倣した大政翼賛会を行政の補助組織に追い落とした貴族院とは違い、衆議院が抱え込む諸々の公選議院の弊害を抑制する構成と権能を有していない(貴族院参照)。参議院自体が衆議院と同じ公選議院だからである。

 しかしながら、たとえ参議院が衆議院のカーボンコピーであるとしても、国会が二院制であり参議院が存在するから、昨年の参議院選挙において自民党が勝利し、国会は奇跡的にねじれて、菅直人の民主党による合法的かつ民主的な委任独裁体制の樹立が失敗に終わり、我が国は虎口を脱したのである。

 尾崎秀実ら近衛文麿の革新幕僚陣による近衛新体制運動の挫折と、菅民主党による日本国解体運動の挫折は、一院制の危険性とそれを抑制する二院制の意義を我々に教えてくれる。

 そして伊藤博文の座右の書「ザ・フェデラリスト」第62篇<上院の構成>第63篇<上院議員の任期>が詳述する以下の「人民によって頻繁に選挙される定数の多い議院に特有の欠陥」に覆いつくされており、我が国の過去と現実に裏付けられた「ザ・フェデラリスト」は現代日本に通用する立派な法理論である

・党利党略に走り、度を越した有害な決議を行う。
・立法の目的や原理について、必要な理解と知識がない。
・不安定で、思いつきの政策を乱発し、自国の利益を他国の餌食にする。
・私欲に塗れ、国家の名誉を重んじない。
・重大な事態において責任が欠如する。
・議席を獲得するために有権者を騙す。


 したがって我が国は、伊藤博文のごとくザ・フェデラリストの法理論に従い、二院制を死守し、またGHQに対する衆議院帝国憲法改正小委員会の精一杯の抵抗であった付帯決議(1946年8月16日)を尊重し、参議院の構成と権能を、上の公選議院の弊害を抑制するに足るものに近づける努力を為すべきなのである。

 少なくとも自由デモクラシーの尊重を標榜し二院制の恩恵を享受した自民党はそれを行わなければならないはずである

 ところが最近に憲法改正に向けて蠢き出した民主、自民、公明党などの超党派議連「衆参対等統合一院制国会実現議員連盟」(一院制議連、会長・衛藤征士郎衆院副議長)には、森喜朗、福田康夫、安倍晋三、麻生太郎ら自民党の首相経験者が名を連ねているのだから、自民党は本当に救いようのないバカの集団である。

 これは、公選議院の弊害が国会および既成政党を覆い尽くし、憲法改正作業という国家の大手術にまで及んでいる証拠であろう

<関連ページ>

自民党のバカ息子はGHQの申し子 公選議会一院制の危険性を知らない石原伸晃

渡辺喜美の危険思想-自由民権運動の議会分割思想と明治憲法を学べ

 一院制の危険性と二院制の意義を知らない欠陥国会議員が行う憲法改正の危険性を理解する方は、終わりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

賢い日本人が使っている秘密アイテム

コワ〜いパチンコ店の話を肝に銘じて、朝鮮イカサマ賭博パチンコに支配されているテレビを見ずに、7つの名作劇場を聞き流すだけで英語力と右脳と想像力と飛躍的に高めてくれます続きを読む
英語教材7作品特価セット MP3ダウンロード版【聞き流すだけで英語をマスター】

・教科書が教えない、朝日新聞社が伝えられない大東亜戦争の真実を広めてくださる方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓
ラベル:憲法
【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 02:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 本当は怖い憲法のはなし | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネブラスカ州が、二院制を廃止したことを知った。
多分アメリカの州くらいだろうと目星を付けた。
やはり、インターネットで検索すると、その通りだった。
独裁しなければ気の済まない橋下徹市長と、松井一郎知事は、国会を、一院制にすることにも、執念を燃やし始めた。
少なくとも、橋下徹市長が、幼稚なことは、何度も確認されている。
だから、きっと、自分が総理大臣にでもなって、日本全体で、一方的に、自分のやりたいことに都合のいいことを、国民全てに押し付けたくて、そんな主張を始めたのだろうと思う。
Posted by 一院制大反対の有権者 at 2012年02月28日 18:51
ネブラスカ州は、国家ではなくて、自治体だ。
日本で言えば、都道府県のようなものと思っても、まあ、いいと思う。
最終的な権力は、やはり、アメリカ政府が、持っていると思う。
でも、自治体であるネブラスカ州が、かつては、二院制だったことが分かった。
自治体レベルでも、独裁しにくい政治の仕方をしていたわけだ。
日本の国会を、独裁しやすい一院制にして欲しいなんて、全然思わない。
Posted by 一院制大反対の有権者 at 2012年02月28日 18:58
 一院制大反対の有権者さん、コメントありがとうございます。一院制は本当に危険です。橋下徹と維新の会は国政に進出する見識と能力を欠いております。
Posted by 所長 at 2012年03月05日 21:53
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。