2011年01月16日

小林よしのりは漫画の読者をバカにしているのか-北畠親房著神皇正統記の藤原基経(昭宣公)賛美論

 小林よしのりは、「さらに田中先生は、決定的な指摘をされた、『親房の議論に“男系”という用語はありません!』」と言う。しかし北畠親房の神皇正統記には「一種姓のなかで」という用語がある。

 小林よしのり信者は今こそ自らの目で神皇正統記を読まなければならないと思う方は、小林のウソと詐欺を白日の下に晒すために、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

<神皇正統記上 わが国と他国の相違>

 中国はとりわけ文字・書物を貴ぶ国であるが、世界の創生についてはたしかではない。儒書には伏犠氏という王より以前のことは触れていない。

 ただし異端の書(道家の説など)に、混沌未分の形、天地人の初めを説いているのは、わが国の神代の起源を説くのによく似ている。

 あるいはまた、盤古という王があって、その日は日月となり、毛髪は草木となったという説もなる。この説によれば、盤古王ののち、天皇・地皇・人皇・五竜等の諸氏があいついで王となり、その間、数万年を経たということである。

 わが国の初めが天神(あまつかみ)の種をうけて世界を建立していった点は、天竺の説に多少似たところもあるようだ。しかしわが国は天祖以来皇位の継承に乱れはなく皇統が一筋であって、この点は天竺とちがうところである。

 天竺の初めの民主王は民衆に擁立され、それ以後、その子孫は王位を相続したが、時代が下ると、その血筋をうけた種姓の多くは滅ぼされて、力さえあれば下劣の血筋のものも国主となり、ついには五天竺を統轄するものまであらわれた。

 中国はとりわけ乱逆で秩序のない国である。昔、世の中がすなおで道が正しかった尭・舜の時代でも賢者をえらんで王位をつかせることがあったから、皇統が一筋に定まっているということはない。

 夏・殷・周以後、乱世となり、力をもって国を争うこととなったから、民衆の中から出て王位についた者もあるし、辺境の戎狄(じゅうてき)から身をおこして国を奪った者もある。

 あるいは代々王臣の身でありながらその君主を圧倒してついに王位を譲り受けた者もある。伏犠氏ののち、中国では天子の氏姓・王朝の交代は三十六に及んでいるから、乱れのはげしさは言語道断というほかない。

 この点、ただわが国のみは天地開闢の初め以来今日にいたるまで、天照大神の神意を受けて皇位の継承は少しも乱れがない。

 時として一種姓のなかで傍流に伝えられることがあっても、またおのずから本流にもどって連綿とうち続いている。これはすべて天照大神の天壌無窮の神勅が変わることなく生きているからであり、他の国の場合とまったく異なるところである


 そもそもわが神の道は神秘であって、測り知りがたいが、もし国家創生の根本を知らなければ、それが乱れのもととなるだろう。その過ちを救うために、神の道のことを以下、いささかしるすのである。

 しかしここでは、神代からこのかた正理によって皇統が継承されているいわれを述べようと思うので、世間で誰もが知っているようなことは省いている。そこで、この書を神皇の正統記と名づけようと思うのである日本の名著<9>慈円・北畠親房1983年版345ページ)。


 日本の皇室を侮辱する朝鮮人の精神を記録した金仁謙の日東壮遊歌(1764年1月22日の条)に以下の文がある。

 北京を見たという訳官が 一向に加わっているが かの中原(註、中国)の壮麗さも この地には及ばないという この良き世界も 海の向こうより渡ってきた穢れた愚かな血を持つ 獣のような人間が周の平王のときにこの地に入り 今日まで二千年の間 世の興亡と関わりなく ひとつの姓を伝えきて 人民も次第に増え このように富み栄えているが 知らぬは天ばかり 嘆くべし恨むべし

 「姓」は男系(父系)血縁集団の同一性を示す記号であるが、その記号によって示される男系血縁集団の同一性そのものを意味する場合もあるようだ。もっとも皇室の姓無し(ゼロ)も一種の姓-男系(父系)血縁集団の同一性を示す記号と言えないことも無い

 神皇正統記を蔵書している方は既に御承知のことだが、北畠親房のいう「時として一種姓のなかで傍流に伝えられること」があった皇位の継承とは、以下の三代を指している。

 武烈天皇の崩御後、男大迹王が第26代の皇位を継承し、継体天皇となったこと。

 称徳天皇の崩御後、白壁王が第49代の皇位の継承し、光仁天皇となったこと。

 陽成天皇の廃位後、時康親王が第58代の皇位を継承し、光孝天皇となったこと。


 北畠親房は、

 「このように傍流の方が皇位を継いだのはこれまでに三代ある。これは群臣が探し出して皇位につけたのであるが、もともと人臣の勝手な考え方によったのではなく、神慮にもとづくものである」(日本の名著<9>慈円・北畠親房1983年版404ページ)

と述べている。

 この三代の傍流継承はいずれも男系の範囲内における皇位の継承であるから、親房のいう「時として一種姓のなかで傍流に伝えられることがあっても、またおのずから本流にもどって連綿とうち続いている」の「一種姓」とは「男系」を意味すると解釈する以外にない。

 北畠親房が、あくまで「皇位の男系継承の有り方」を述べ、しかも傍流(支系)継承を「神慮にもとづくもの」と全面肯定していることは、一目瞭然であろう。

 藤原基経が15歳の陽成天皇(第57代)を廃したとき(884年)、清和天皇(第56代)の多くの直系皇子(陽成天皇の弟にあたる親王)が存在した。それを以下に挙げる。

貞保親王(870-924) - 三品式部卿
貞辰親王(874-929)
貞数親王(875-916) - 兵部卿
貞平親王(-914)
貞固親王(868-930) - 四品弾正尹
貞純親王(873-916) - 源経基の父
貞頼親王(876-922)
貞真親王(876-932) - 三品常陸太守

 しかし摂政の藤原基経は、陽成天皇の大叔父にあたる54歳の時康親王(第54代仁明天皇の第三皇子)が他の親王たちよりずば抜けて高い徳と器量を備えているのを見て、清和天皇の直系の皇子を差し置き、第56代および第57代の天皇から見て傍流(支系)の時康親王を第58代の皇位に擁立した。

 北畠親房は、藤原基経を、皇位継承の原則を歪め或いは臣の関係を乱した逆臣として糾弾しない。それどころか基経を、前漢において昭帝の崩御後、昌邑王の劉賀(武帝の孫)を廃して宣帝(武帝の曾孫)を迎えた霍光になぞらえ、基経に以下の惜しみない称賛を送っているのである(日本の名著<9>慈円・北畠親房1983年版401~402ページ)。

 「基経は天皇の外戚として政権を握っていたが、自分の一門の利害をすて、国家のために考えてこの天皇を廃したことはたいへんりっぱなことであった。

 このように基経がすぐれた人物であったので藤原氏の一門には多くの人材があったが、以後、摂政・関白の地位にはこの人の子孫だけがつくこととなった。また大臣・大将にのぼる者もみな基経の子孫であった。これも彼の積善の余慶というべきであろう。」


 高森明勅と小林よしのりは、新天皇論の読者が自分の目で神皇正統記の復刻版を読まない、あるいは読めないと、読者を侮り舐めきっているのだろうか?

 ウソと詐欺を連発する小林よしのりは漫画の読者をバカにしていると憤る方は、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓


<現在の日本政府は頼りにならない!我々有権者が歴史を偽造する韓国に媚び諂う政治家と、日本人を苦しめる朝鮮イカサマ賭博パチンコの罠を潰して日本国を守る以外にない!>

 独り暮らしの寂しさをまぎらわせるために、定年後の毎日の退屈をしのぐためにパチンコに熱中する年寄りには、iPadより役に立つ超格安のUMPCを紹介し、パチンコより楽しい無料のネットサービスを教えてあげましょう。

【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 15:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「竹島奪還」デモ行進のご案内

2月22日「竹島の日」を前に「竹島奪還」を声高に訴えたいと思います。
今さら言うまでも無く、『竹島』は日本固有の領土。そこを韓国が戦後のドサクサに紛れ上陸し、その後ド厚かましくも実効支配しています。数ヶ月前から生じている「尖閣の領有権問題」ともども、
日本国として一歩も引くことのできない極めて重要な領土問題。ご参集をお願いいたします。

開 催 日  平成23年1月30日(日)  

集  会  午後3時30分~

デモ出発  4時00分~
       
集会会場  大阪市西区新町北公園(厚生年金会館前)  
       ※ 地下鉄四ツ橋駅北西へ5分

経  路  ~御堂筋~韓国領事館前~難波解散(午後5時頃終了;約2キロ)

主  催  竹島を奪還する会・関西(西秀士代表)
      実行事務局 M情報 担当;藤島(090-3621-1509)

後  援  打倒民主『桜組』 外国人参政権に反対する会・関西

来  賓  梶谷萬里子(県土・竹島を守る会事務局長;島根)

お 願 い  ①たいへん寒くなると思います。温かい格好で。
       ②プラカードは主催者で準備いたします。
       ③上記計画は間接、直接的に一般市民の皆さんにに対して「竹島問題」
        の啓蒙を目的としています。
        それにふさわしくない言動、服装はご遠慮ください。また、妨害行為等
        に対しては『一切無視』の姿勢で行います。
Posted by 竹島奪還! at 2011年01月17日 22:46
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/180965591

この記事へのトラックバック
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有年金絶望世代も元気が出る!国の借金アッと驚く新常識・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法知れば食費と医療費を節約できる酵素はなぜ病気を防ぎ、寿命を延ばすのか