2010年06月30日

0勝3敗から2勝2敗へ-日本代表の戦術モデルは真田昌幸

 怪我の功名ではあるが、岡田武史監督の率いた南アW杯日本代表の最大の功績は、試行錯誤の末、本番直前に1(キーパー)-4(ディフェンダー)-1(アンカー)-2(ボランチ)-2(ミッドフィルダー)-1(フォワード)という6段構えの重層防御布陣を発見したことである。これは急造布陣であったにもかかわらず、オランダのマスコミをして「コンクリート」と言わしめたほど強固な防御力を発揮した。この布陣は日本人に適合しているのだろう。

 日本代表はこの布陣を採り籠城して世界トップレベルと互角に戦えたのである。この記録と記憶は今後の日本サッカーの貴重な財産となるだろう。

・ブロガーに執筆意欲を与える1日1押人気ブログランキングをクリック願います。 

 孫子軍形篇-先ず勝つべからざるをなして、もって敵の勝つべきを待つ

 むかしの戦上手は、まず自軍の態勢を固めておいてから、じっくりと敵の崩れるのを待った。これで明らかなように、不敗の態勢をつくれるかどうかは自軍の態勢いかんにかかっている。しががって、どんな戦上手でも、不敗の態勢を固めることはできるが、必勝の条件なでがつくり出すことができない。

 「勝利は予見できる。しかし必ず勝てるとは限らない」とは、これを言うのである。

 戦上手はまず万全の守りを固め、その上で、相手の隙を見出して、攻撃に転ずる。これなら必ず勝つという保証はないが、自分の努力によって、少なくとも不敗の態勢を構築することができるからである(孫子の兵法)。


 日本代表が戦った4試合の中で所長にとって最も面白かった試合は、対オランダ戦であった。日本代表はオランダ代表のパス回しを闇雲に追いかけず自陣に籠城して、体力を温存し時間を稼ぎながら、引き分けを狙う素振りを見せてオランダを挑発した。それに痺れを切らしたオランダが日本の陣内に深く侵入してきたら、日本代表はボールを奪取し逆襲(カウンター)を仕掛け、時には積極的に自陣より出撃、攻勢に出ていた。

 もし日本代表が重層防御布陣と籠城戦術を維持しながら、挑発、逆襲、出撃、積極攻勢、退却、帰陣、籠城、体力の温存と回復を臨機応変に行えるようになったら、それは真田昌幸の上田城合戦を彷彿とさせる日本スタイルの完成であるが、残念ながら岡田監督は人選ミスを犯していた。

 オランダ代表に先制された日本代表が籠城を解いて出撃せざるを得なくなった時、岡田監督が交替選手として岡崎、中村俊輔、玉田を投入した結果、日本代表の攻撃力と守備力が低下してしまった。とくに中村はオランダ代表に逆襲のチャンスを与えていた。疲労困憊した松井大輔の代役がサブにいなかったことが日本代表の致命的なミスであり、もし岡田監督が鹿島の本山、野沢、東京の石川を連れてきていたら、対オランダ戦と対パラグアイ戦は違った結果になったかもしれない。

 突然変異的に鉄壁の籠城戦に目覚めた日本代表が、ブラジルとアルゼンチンと互角に渡り合うために長年にわたり堅守速攻を磨いてきたパラグアイと戦い、0対0のスコアレスドローに終わったのは当然であった。日本の守備はパラグアイの攻撃を弾き返すことは出来ても、日本の攻撃は、世界最強レベルのブラジルとアルゼンチンの攻撃をも防ぎきるパラグアイの守備を突き崩せるはずはなかった。

 最強の盾を誇る似た者同士が戦えば、互いの攻撃を潰しあう試合になり攻撃の面白味に欠けるのは当然で、それを退屈な凡戦と評価するのは的外れであり、むしろ対パラグアイ戦は日本代表に大きな収穫をもたらした。それは日本代表がベスト8に進出するには、籠城戦術にもっと高い攻撃力を付け加えなければならないということであり、具体的には本田を遠藤の位置に押し下げる強力なFWの発掘と育成が日本代表と日本サッカーの課題であろう。

 個人であれ組織であれ、一つの得意技-十八番の基本形を持てば、それを活かす術、相手をそれに誘い込む術、自分の得意技を警戒する相手に対してそれを囮にして別の技を繰り出す術を自ずと構築できる。戦う術の核となる得意技を戦闘教義という。この戦闘教義の確立がないと戦術の構築と適材適所の人選は困難である。

 日本代表は自分の身の丈にあった戦闘教義を確立できずにもがき苦しみ、戦術と人選に迷ってきたが、今大会においてようやく「6段構えの重層防御布陣を採り籠城する」という日本人に適したサッカーの戦闘教義を発見できたのだから、決してこれを御破算にしてはいけない。

2014年ワールドカップ・ブラジル大会の日本代表スタメン希望的予想

FW?

大津 宇佐美

本田 長谷部

アンカー?

長友 DF? DF? DF?

川島

 この6段構えの重層防御布陣と鉄壁の籠城戦術の欠点を挙げれば、日本人視聴者が不安と緊張の連続で疲労困憊してしまうということか。
 所長と同じく日本代表の試合を観戦し疲れてしまった方は、鋭気を養うために、純粋に美味しい「性欲と精力を高める禁断のメロメロ梅酒」をお楽しみ下さいわーい(嬉しい顔)。  

 サッカー日本代表の健闘を讃え乾杯!

・サッカー日本代表のさらなる飛躍のために、ブロガーに執筆意欲を与える1日1押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓


ラベル:サッカー
【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 20:00| Comment(5) | TrackBack(0) | もろもろ時事評論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
戦前の予想をくつがえす、いい試合をしてくれましたね。
しかし、日本サッカーはエースストライカーがでてきませんね。
Jリーグの外国人枠撤廃なんて声もちらほらとでていますが、どう思われますか?
Posted by 重爆撃機 at 2010年07月07日 09:28
 重爆撃機さん、実戦経験がFWの得点感覚を磨くので、現状では日本人の若手から実戦機会を奪う外国人枠撤廃には、私は否定的です。それよりも観客と視聴者へ常に新鮮で活発な試合を提供するために、交代枠を6人に拡大したらいいと思うのですが。
Posted by 森羅万象の歴史家をめざす所長 at 2010年07月08日 20:53
ならば、日本代表をこれから選ぶなら、同一線上の選手のどちらかを選ぶ場合はトラップの上手い人間を優先するようにするべきですね。
トラップミスでムザムザと有利な立場を捨てたり、付け込まれる隙を与えるのは、守りのサッカーをする上では、まずいことですから。
後は、トマホークの如きピンポイントパスを磨かせましょう。
攻撃的であろうと守備的であろうとパスとトラップが上手いチームに弱いチームはないですから。
Posted by Suica割 at 2010年07月09日 22:39
でも今のJリーグの環境はぬるくありませんか。
撤廃は時期尚早かもしれないけど、外国人枠は増やしたほうがいいと思います。
孫子もいいけど、君主論のスピードも重要かと思います。
Posted by 重爆撃機 at 2010年07月09日 22:44
日本が導入すべき海外モデルは身体条件の似たスペイン、守りの堅いパラグアイあたりでしょう。
後、マラドーナが連れてこれるのなら、日本の監督にしてみたいですね。
あの明るさと選手に溶け込んでいける人的魅力、そして、周りに惑わされることなく指揮をとれるあの強さは捨てがたいです。
Posted by Suica割 at 2010年07月10日 00:39
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法