2010年04月09日

大学生になめられた悲惨な岡田武史の日本代表に改善と進歩はなかった!敗因は「ちゃぶる」戦術の欠如

 2008年1月28日の日刊スポーツ新聞の以下の記事が載った。

 岡田ジャパン大学生になめられた

 岡田ジャパンが大学生になめられた。対戦相手の筑波大GK碓井健平(2年)に「裏を狙ってこないから、正直怖くなかった」と評された。スコアは1点差。日本代表が大学生に脅威を与えられなかった。

 同大は昨年2月16日にオシムジャパンと対戦し、結果は0―4だった。DF作田裕次(2年)は「あのときは守備に追われた。攻撃をやった記憶がない」と振り返る。守備の動きで量、質ともに翻弄(ほんろう)され、攻撃では相手陣内までボールを運べなかったという

 この日の岡田ジャパンは、サイド攻撃も少なく、動きが乏しかった。前線にボールが入っても、オシムの「人もボールも動くサッカー」を知る大学生を相手に、つぶされるシーンもあった。

 岡田ジャパンにとって、アマチュア相手では初めての失点を喫し、辛勝となった。同大の内藤コーチも「オシムジャパンに比べたら、やりやすかった」と話した。タイはFIFAランク107位だが、「格下」と思い込んでいると、思わぬ落とし穴が待っているかもしれない。


 そして翌日の2008年1月29日の朝日新聞には次の記事が載った。

  ピッチを広く使うオシム前監督に対して、岡田監督は狭い地域を細かいパス回しで崩す戦法を掲げる。オシム流の距離に慣れた選手がパス交換でより近づくことを意識するあまり、「適正な距離がつかめていない」と中村憲。動きに迷いがあるため、出足も鈍くなり、サポートもおろそかになっている。中村憲は滑らかなパス交換のための宿題として「質の高い動き出し」をあげた。

 柔軟な判断も求められる。密集を短いパス交換で突破する岡田流に縛られている感じで頭が固い。チリ戦では意表を突いたり、状況を変えたりするパスが少なかった。「どこかで長いパスも必要」とMF遠藤。局面を打開するにはやはり個々の判断が重要になる。

 28日の練習ではサイドを使ったパス回しを繰り返した。「サイドに出た時どうするかを意識してやった」と岡田監督。中央に寄りがちで単調になったチリ戦の攻めを繰り返さないためにもMF羽生は「アイデアが必要」。頭を柔らかくして「考えて走るサッカー」をもう一度取り戻したい


 この記事から2年の歳月が経過し、日本代表はオシム流の「考えて走るサッカー」を取り戻すどころか、真綿で首を絞められるように、岡田流の「クローズ」戦術に呪縛されて、死んでしまった。

・はじめに、ブロガーに執筆意欲を与える1日1押人気ブログランキングをクリック願います。

 オシムのパスサッカーはピッチを広く使う「ワイド」であった。ワイドとは選手が縦横に走り自由自在に長短緩急高低のパスを繰り出し前後左右のスペースを使うパスサッカーであった。

 ボールを持っている選手Aに対して、BはAのそばに寄り、Cは縦に走りAを追い越して前のスペースに侵入し、Dは横に走り逆サイドのスペースに待機し、それぞれ距離と方位と役割の違う複数のパスコース(選択肢)を作り出し、相手のパスカットを阻止するのである。

 Aは、ボールを持っていない味方の選手B・C・Dに対して、相手の圧迫から逃れる場合はBにショートパスを出し、速攻を仕掛ける場合はCに速いパスを出し、サイドチェンジを行う場合はDにロングパスを出し、パスを出した後すぐに、パスを受けた味方の前後左右のスペースに向かってピッチを縦横に走り、ボールを持っている選手のためにパスコースを作るのである。

 だからオシムの「ワイド」パスサッカーは、岡田の「クローズ」パスサッカーに比べて、ダイナミックであり、パスの変化に富み、遅攻と速攻を織り交ぜていたから、対戦相手の筑波大チームは、オシム日本代表の攻撃に翻弄され、終始守備に追われることになった。横浜マリノスの木村和司監督の言葉を借りれば「ちゃぶられた」のである

 オシムのパスサッカーと岡田のパスサッカーの違いを教えてくれる試合が、中村俊輔が出場しなかった2007年10月17日の対エジプト戦である。国内組のオシム日本代表はアフリカ王者のエジプトと戦い、4-1で完勝した。



<対エジプト戦の日本代表の布陣>

前田 大久保
山岸 遠藤保
鈴木啓 中村憲
駒野 阿部 中沢 加地

 オシムは中村俊輔および海外組を使わずに見事なパスサッカー「ワイド」を築き上げたのである。これが更に精度を高め、個人技のドリブル突破とフェイント・シュートを得ると、世界最強クラスのサッカーとなり、ボールを持つ選手はほぼ無限の選択肢(可能性)を持つに至るから、対峙する相手は次のプレーを全く予測できず、ドイツW杯で本気になったブラジル代表に惨敗した日本代表のように、ボールに触れることさえできずに守備に追われ、為す術もなく惨敗し、肉体的にも精神的にも疲労困憊して座り込むのである。

 いま対エジプト戦を振り返れば、Jリーグを代表する右サイドバックの加地が岡田を嫌悪して日本代表を引退し、Jリーグ得点王の前田が岡田を批判して日本代表を追われ、戦術守勢から速い逆襲を繰り出す鹿島の小笠原と野沢が岡田に干されているのがよく判る。小笠原がボランチに、野沢が攻撃的MFに入れば、日本代表の戦術が「ワイド」に近づき、岡田の「クローズ」の惨めさが際立つだろう。

 中村俊輔はスリートップの一角に入ってもボランチの位置にまで下がりパスを出すだけで、パス出し後は縦に走らない。中村はボールを持つ選手を追い越して前のスペースに飛びこみ、味方の選択肢を増やそうとしない。それなのに「走るサッカー」を掲げる岡田は中村を代表の中心に据えている。オシムが嫌った「走らない選手」を重用する岡田武史に戦略戦術能力がないことは明白ではないか。
 ここまで日本代表が弱くなったのは、日本代表選手にテクニックと体力が足りないからではない。戦術がダメなのである。岡田・大木のクローズが代表選手のテクニックを封じ、選手に体力の浪費を強いているのである

 選手は代表の戦術欠如を補う日本人による日本人のための最高の戦術論集を学び、無能な岡田に叛乱せよ!

<関連ページ>

日本惨敗の予感-0勝3敗のハードプレス-0勝6敗の岡田武史

 日本代表選手は本当に気の毒だと思う方は、ブロガーに執筆意欲を与える1日1押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓


ラベル:サッカー
【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:10| Comment(2) | TrackBack(4) | もろもろ時事評論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
俊輔選手の代わりに出ている山岸のような選手が、攻撃的な中盤に必要ですよね。

エジプト戦でも、長い距離を斜め走りして、ヘディングで落として前田のフィニッシュのお膳立てをしたプレー。

ぜひ、下記のモンテネグロ戦も見てみてください。
(わたしが投稿した動画ではないので、勝手に紹介させていただくのですが・・・)

http://www.youtube.com/watch?v=zZef3eWuDL0

動画のはじめのプレーで、これも山岸がFWを追い越してシュートに繋げています。

スピードがあるし、ヘディングやFW的な役割もできるので、彼のような選手がいるとダイナミックな攻撃もでき、攻撃のバリエーションが増えますよね。

動画の終わりのほうには、FWを追い越す遠藤のプレーがありますが、俊輔選手も遠藤選手のように、スピードに自信がないにしても、もっとそういう意識を高めてほしいのですが・・・。

まぁハイライトだと、良いところの寄せ集めですから、過剰に良い印象になる部分がありますが、現代表と比べ参考になるポイントは多々あると思います。
Posted by こんにちわ at 2010年04月11日 21:45
協会・監督・選手、日本サッカー界が、坊やだからさ。
Posted by ハングリー精神欠如 at 2010年06月06日 16:41
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

民主党&民団泪目! UIゼンセンが外国人参政権付与に反対表明
Excerpt: わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。 民主党の支持母体である「UIゼンセン同盟」が外国人参政権付与に反対を表明した。 msn産経ニュース/UIゼンセンが外国人参政権付与に反対表明へ 17日の反対..
Weblog: 愛国学園 excite分校
Tracked: 2010-04-14 20:33

民主党の「自友愛」? 仙谷氏、「衆参ダブル選あり得る」発言す
Excerpt: わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。 仙谷由人・国家戦略担当相がTV番組の収録で「衆参同日選挙もあり得る」との発言をしたそうだ。 msn産経ニュース/仙谷氏「衆参ダブル選あり得る」 http:..
Weblog: 愛国学園 excite分校
Tracked: 2010-04-17 00:34

チャンネル桜二千人委員会・事務局からのお知らせ (平成22年4月17日)
Excerpt: わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。 チャンネル桜二千人委員会・事務局からの神戸市、岡山市でのデモの案内である。 1>「外国人地方参政権」付与法案反対、「選択的夫婦別姓」法案反対」デモ ..
Weblog: 愛国学園 excite分校
Tracked: 2010-04-17 11:20

「アメリカ政府は爾後鳩山政権を相手にせず」 ~アメリカ政府、普天間基地の継続使用の意向を固める
Excerpt: わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。 アメリカ政府はルーピーを対等な交渉相手とする値打ちがないことを思い知ったようだ。 msn産経ニュース/米政府、「普天間継続使用」を日本に伝達へ http..
Weblog: 愛国学園 excite分校
Tracked: 2010-04-18 09:16
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法