2006年03月09日

あなたは洗脳されていませんか?清瀬一郎の秘録東京裁判

 講和条約の発効直後に、服役中の日本人戦犯の釈放を求める国民運動が大いに盛り上がり、4000万人分の署名を集め、政府と議会に対して、サンフランシスコ講和条約第11条に基づき関係各国政府に戦犯の赦免勧告を行うように要請陳情した。

 テレビ局は真実を報道すべきであると考える方は、一日一押人気ブログランキングをクリック揺れるハート 
 
 某サイト管理人が主張するように、上の事実をもって日本国民はGHQに洗脳されておらず、占領憲法体制―戦後民主主義―を歓迎し、これを自発的に受諾したといえるかどうか、検証してみたい。
 
 秘録 東京裁判(清瀬一郎著/中公文庫)の巻末に、昭和42年(1967)1月に執筆された清瀬の遺言とも言うべき後記が付されているが(清瀬は同年に死去)、その中に戦後の日本を象徴するような光景が描写されている。

 「友人中の国会議員の諸君からは、われわれはいちずに日本は無条件降伏をしたのだと思っていたが、君(清瀬)の文を読んで見れば、日本は無条件降伏をしたのではない。よくわかった。まだその上に連合国自身も無条件降伏要求を緩和して、条件的降伏要求のような言辞を弄し、日本上陸作戦による犠牲を避けようとした。このことがもう少し早くわかっておれば、われわれの進駐軍に対する応対の仕方もあったのであった。残念なことをした。

 清瀬の文とは、昭和41年に読売新聞文化部の依頼を受けた清瀬一郎によって執筆された回顧録「秘録東京裁判」(原標題は東京裁判の思い出)のことである。

 清瀬一郎は、極東国際軍事裁判では日本人弁護団副団長を務め、東条英機の主任弁護人として裁判の不当性を指摘し、政界復帰後は、改進党幹事長、日本民主党政調会長、第三次鳩山内閣の文相、衆議院議長、自民党顧問を歴任し、彼が衆議院選挙に当選すること14回を数えた。

 昭和27年(1952)サンフランシスコ講和条約の発効から14年後の昭和41年に至り、ようやく清瀬一郎の友人であった国会議員たちは、ポツダム宣言の正当解釈を知ったのであった。読者はこれを推して当時の一般国民の歴史認識を知ることができよう。

 ポツダム宣言第5項には「吾等の条件は、左の如し」とある。ポツダム宣言とは我が国に有条件降伏を要求するものであり、宣言に列挙された連合国の対日条件は、連合国および日本の双方にポツダム宣言を履行するための権利と義務を課したのである。

 しかも日本政府は、「疑わしきは主権に有利に解釈せらるべし」という国際法の大原則に基づき、ポツダム宣言の曖昧な部分を日本に有利に解釈し、可能な限り日本の権利を重厚にし、また日本の義務を軽減することができたのである。

 アメリカ国務省はこのことを熟知しており、ポツダム宣言によって連合国が計画していた日本に対する無条件降伏政策が著しく変更されたことに困惑していた。無条件降伏政策の骨子は以下の通りである。

1、敗者の発言権をすべて剥奪し、勝者が何でもできる権利を確保すること。
2、敵国の長期無力化、半永久的武装解除を実施すること。
3、今後戦争を起こすことができないように敵国の社会的基盤を完全に破壊すること
4、これらの政策を実行するために敵国を長期占領して占領下で徹底した改革を実施すること。

 そこでアメリカ政府は、日ソ中立条約を蹂躙したソ連の遣り方を真似して、昭和20年9月2日に連合国および日本国を拘束する国際条約となったポツダム宣言を全条項に亘り蹂躙することを決意した。

 同年9月6日、アメリカ政府はトルーマン大統領の承認を得て「連合国最高司令官の権限に関するマッカーサー元帥への通達」を発し、「われわれと日本との関係は、契約的基礎の上に立っているのではなく、無条件降伏を基礎とするものである。貴官の権限は最高である」と訓示した。

 15日、マッカーサーは次のような命令を発表した。

 「マッカーサー元帥は、連合国はいかなる点においても日本国と連合国を平等にみなさないことを、日本が明確に理解するよう希望する。日本は文明諸国間に地位を占める権利を認められていない。敗北せる敵である。最高司令官は日本政府に対して命令する。交渉はしない。」

 日本政府はこの声明を聞いて驚愕した。ポツダム宣言の受諾に伴う日本の国際的地位について十分に研究していた外務省の萩原徹条約局長は、次のように反論した。

 「日本は国際法上、条件付終戦、せいぜい有条件降伏をしたのである。何でもかんでもマッカーサーのいうことを聞かねばならないないという、そういう国として無条件降伏をしたのではない。」

 しかしこれがGHQに受け容れられるはずもなく、荻原局長はGHQの怒りを買い左遷を命じられた。以後、GHQは陰湿かつ卑劣な空前絶後の大検閲を実施し、国際法を根拠にGHQの対日占領作戦を批判する言論活動を厳禁した。

 これはポツダム宣言第10項「言論、宗教及思想の自由並に基本的人権の尊重は、確立せらるべし」に違反する措置であった。

 その中で辛うじて言論の自由を保障されていた日本国民は、極東国際軍事裁判で連合国と戦っていた被告と弁護人のみであったが、彼等とて、用意した証拠資料の大半を裁判所に却下され、それらの提出そのものを拒絶されていたのである。

 ポツダム宣言は、デモクラシー的傾向の復活強化という表現を用いて帝国憲法下にデモクラシーが存在していたことを認め、それに対する一切の障礙を除去すべしと述べているだけで、日本に対して憲法改正を要求していない。

 だから帝国憲法はポツダム宣言の履行に絶対の支障ではなく、GHQが日本国憲法、教育基本法等の占領基本法を日本に強制したことは、ポツダム宣言ならびに1907年ハーグ陸戦法規第43条に違反する戦争犯罪であった。

 しかし占領下の日本において、一般国民は上の事実を知る権利と機会を完全に剥奪されており、とうぜん講和条約の発効直後に、国際法に基づいて各種のGHQ製占領基本法の無効廃棄を政府と議会に要求する国民運動は、沸き起こらなかった。
  
 しからば、昭和41年に発表された清瀬一郎の「秘録東京裁判」は広く一般国民をGHQの洗脳から覚醒させたのであろうか?

 所長の手元にある秘録石原莞爾(横山臣平著/芙蓉書房 昭和46年刊行)の383pには「二十年八月九日、無条件降伏の内報があり…」と記述されている。

 興亡と夢(三好徹著/集英社文庫 昭和63年刊行)の巻末に付されている年表の1945年の項には「8・15 日本無条件降伏。第2次世界大戦終る」と記述されている。

 日米最終戦争下(佐治芳彦著/KKベストセラーズ 平成8年 1996刊行)の246pには、「天皇の聖断によって日本は無条件降伏した。第二次世界大戦、そして太平洋戦争は終わったのである」と記述され、さらに佐治氏は読者に念を押すかのごとく同書252pに「日本は完全に敗北したのであろうか?たしかにポツダム宣言を受諾し、無条件降伏した」と断言している…。

 元陸軍中将の回顧録、大手出版社の年表、プロ作家の歴史書ですら、かくの如し。読者はこれを推して一般国民の歴史認識を知ることができよう。

 また戦後日本の小中高大の学校では、戦時国際法教育が行われないので、一般国民の大半は、停戦(戦闘行動の部分的停止)、休戦(講和を前提とする、戦闘行動の全面的休止)、終戦(講和条約の発効による戦争状態の終了)を正確に区別できず、またGHQの対日占領政策が戦時法規の対象となる軍事占領(軍事行動)であり、サンフランシスコ講和条約の発効まで日本は連合国と戦争状態にあったことを知らない。

 もし一般国民の大半が上の事実を知っているならば、日本のテレビ・マスゴミが毎年8月に昭和20年8月15日を「日本がポツダム宣言を受諾し連合国に無条件降伏した終戦日」と詐称できるはずがない。

 残念ながら日本民族は未だにGHQの洗脳から覚醒していないのである。だからこそ占領基本法の無効廃棄を政府と議会に求める日本再興運動が、一般国民の間から沸き起こらないのである。

 無論、それは一般国民の責任ではなく、報道界、法曹界、教育界、そして歴史学徒の大罪である。だから所長は、歴史学徒のはしくれとしてネット界の片隅で懸命に歴史の真実を発信しているのだが、所長の言論活動などは、あたかも大海に漂う一匹のプランクトンの歯ぎしりのごときものに過ぎない。

 所長が希望するに、フジテレビか、よみうりテレビあたりが土日の映画枠で「プライド 運命の瞬間」を放送し、20~30%の視聴率を稼げば、日本民族は覚醒し、国民世論は随分と変わるのだろうが、日本民族を覚醒させたくない反日勢力がテレビ界を支配しているから、たぶん放送は無理なのだろう。

 本当に悔しい…。


<参考文献>

秘録 東京裁判(清瀬一郎著/中公文庫)

<関連記事>

8月15日は終戦日ではない!ソ連軍の北海道占領を阻止した我が第5方面軍

 旧宮家の復籍こそGHQの呪縛を断ち日本が独立主権国家として再興する近道であると信じる方は、一日一押人気ブログランキングをクリック揺れるハート


【緊急要請1】

 女性女系天皇に反対の声を上げてください。これが認められると、日本は日本でなくなります。政府と政治家に準皇族である旧宮家の皇籍復帰を要請しよう。

・アジアらしい名曲を揃えたChaos Gate-塵骸魔京Original Soundtrack-
Chaos Gate-塵骸魔京Original Soundtrack-
朝敵を斬る!

バカバカしい舛添要一の女性女系天皇容認論

所功と高橋紘

女性女系天皇推進派と戦うためのシンプルな戦術

万歳!紀子様の御懐妊と旧宮家の皇籍復帰

天照大神と皇位継承権

愛子様の悲惨な将来

女性・女系天皇の問題点

産経新聞に男系男子の皇位継承策

明治天皇と昭和天皇の御子孫にあたる旧宮家

旧宮家の復活は国体の護持のみならず国防の強化、テロとの戦いに必要不可欠である

吉川弘之と姉歯秀次、耐震強度偽造事件に通じる皇室典範の改悪

天長節に思う応神天皇の遺業と日本の国柄

万世一系の族値を破壊する女性女系天皇容認派の高橋紘は朝敵である

女性・女系天皇の容認は憲法違反である

女帝論を封ずる一つの手がかりとして : 国語学者・元産能大学教授 萩野貞樹氏

12月3日付朝日新聞に掲載された西尾幹二氏の「歴史は復讐する」

Speak Easy 皇統断絶

草莽決起 有識者報告書は共産党が30年かけて準備し、狡智に構成?の疑惑濃厚

なんたること!ちっ(怒った顔) コイズミとは一体なにものだ!?

国民必読の書、大東亜戦争の電子書籍 「戦争の天才と謀略の天才の戦い」国民のための大東亜戦争正統抄史1928―56

マルクス史観に汚染された高校歴史教科書を信用する者は、実証史学を採用する公務員試験には合格しない!戦後日本マルクス占領憲法解釈学からの覚醒


 目を休めて萌えるフィギュア集を楽しんで下さい。

飲むだけで視力が回復するサプリメントがあります。

ニューアイリタン【鯉の内臓濃縮エキス】は、滋養強壮効果を持つ鯉の生血は飲みにくいけど、サプリなら楽々飲めるということで開発されました。



【拙者が萌えたわーい(嬉しい顔)フィギュア】


機動戦士ガンダム「閃光のハサウェイ」のクスィーガンダム

おねがい☆ティーチャーの風見みずほ

闘神都市Ⅱの瑞原葉月

ラブひなの成瀬川なる

Piaキャロットへようこその木ノ下貴子

デッド・オア・アライブのかすみ

おねがい☆ティーチャーの風見みずほ

一騎当千の関羽雲長

塵骸魔京のイグニス

スーパーブラックジャック Rio -リオ

ディシプリンの音川沙織

Fate/hollow ataraxiaの間桐桜

BOMEコレクションのジャングル・エミィ

げんしけんの大野加奈子

やすみちゃん

フルメタル・パニック!TSR千鳥かなめ

超時空要塞マクロスのミリア

智代アフターの智代

Piaキャロ3の木ノ下貴子

キディ・グレイドのエクレール

機動戦艦ナデシコのユリカ

爆裂天使 セイ

一騎当千の呂布奉先

大番長の京堂扇奈


天上天下 棗 真夜

智代アフター

TANDEM TWIN 動物ねーちゃん 山猫 紅玉

ガン×ソードのカルメン99
【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 18:01| Comment(3) | TrackBack(2) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
清瀬一郎の秘録東京裁判
始めまして、このブログに書かれていることがおそらく、事実に近いものと想像します。歴代の為政者はおそらく歯軋りする思いで、日本の復興に励んできたものと思います。第一次世界大戦後のドイツのようにならないために、また、国民を飢えさせない為に。或いは共産化させないために。どうか、あなたのブログが
多くの人々に理解され、また戦後の有能であった指導者たちの、偉大な足跡についても広くつたえてください。      2006.03.20  sakura
Posted by 横山裕昭 at 2006年03月20日 19:11
 横山さん、ありがとうございます。本当に励みになります。
Posted by 便利屋 at 2006年03月21日 06:49
 TPP問題で情報を収集中に貴殿のブログにたどり着き、この間より、閲覧させていただいて追います。あまりにも、日本人がテレビ機械人間のように洗脳されている昨今。気がつけば、国際音痴、歴史音痴と、金儲けマスゴミとアメリカ左翼の戦略のまんまに今日、日本は解体されていく。
 少しでも歴史根拠として参考参照に『転載』をさせていただきたくおもいます。マスターぴん
Posted by マスタ-ぴん at 2011年11月11日 05:35
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14521833

この記事へのトラックバック

ポツダム宣言、ホントに理解してますか?
Excerpt: なんだか、東京裁判の話をすると、ポツダム宣言を持ち出して 「日本はポツダム宣言を...
Weblog: Let's Blow! 毒吐き@てっく
Tracked: 2006-07-03 06:21

無条件降伏って?
Excerpt: <font size=3 color="#800000"> 無条件降伏 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 http://ja.wik..
Weblog: 一切皆苦 (日本は無条件降伏なんかしていない)
Tracked: 2007-10-05 12:50
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有年金絶望世代も元気が出る!国の借金アッと驚く新常識・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法知れば食費と医療費を節約できる酵素はなぜ病気を防ぎ、寿命を延ばすのか