左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義−大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡−なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法−菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正−エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有年金絶望世代も元気が出る!国の借金アッと驚く新常識・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法知れば食費と医療費を節約できる酵素はなぜ病気を防ぎ、寿命を延ばすのか

2010年06月10日

本当は怖い日本国憲法の話−30年前の予言書が指摘する日本の危機

 ちょうど今から30年前の1980年に刊行された「ソビエト帝国の崩壊」は、ソ連の崩壊から20年経った今日の日本においても、依然として日本の児童生徒学生が必ず読まなければならない警世の書である。
 レーニンの「国家と革命」がマルクスの詐術を指摘しているのに、日教組に代表される反日左翼勢力が跳梁跋扈し日本の子供の頭脳を破壊しているからである。

・はじめに、日本国の脳細胞を甦らせるために、せめてソビエト帝国の崩壊―瀕死のクマが世界であがくを広めてくれる方は、ブロガーに執筆意欲を与える1日1押人気ブログランキングをクリック願います。

ソビエト帝国の崩壊(小室直樹著/光文社、1980年初版発行)の目次

3 日本を滅ぼす平和・中立の虚構 

国家の行動原理には二つのものがある 
アフガン事件の責任はアメリカにある 
先制降伏をとなえる日本の防衛論の低次元ぶり
一億総木っ端役人化現象が日本をあやまらせる
天皇、総理、国会の連絡がとだえると、日本は国家でなくなる 
自衛隊が警察によってコントロールされているのは問題だ 
外務省は首相から独立している必要がある 
日本人だけが知らない戦闘のルール 
戦争法規を知らないと、戦闘をしないこともできない 
日本がこれ以上強くなると、アメリカが黙っていない 
非武装中立なんてありえない 
中立政策はフィンランドに学べ 
今もはびこる念力主義 戦争こそ、
もっとも合理的な国際問題の解決法 

 国際法といっても、平時と戦時とでは、それぞれ違った法秩序が支配している。戦争の発生、戦争の終結などはすべて、戦時国際法というルールにもとづくことになっている。

 その場合、まず重要なことは、国際法の主体は主権国家であり、その意思を形成し、対外的に主張するのは中央政府であるということだ。つまり、降伏しようにも戦争しようにも、その主体がなくなってしまえば、どうすることもできないわけだ。

 だから外国の場合、政府の首脳は地下の大きなシェルターにもぐることになっている。たとえ地上がめちゃくちゃに破壊されても、最悪の場合は地上に這い出してきて降伏することができるし、あるいは戦争継続することもできる。つまり、意思決定が可能なのだ。

 ところが日本では、まったくの雨ざらしで、壊滅した場合にはどうしようもない。最後まで必要なのは、そのような意思決定を可能にする物理的設備と、コミュニケーションの手段なのである。外部とのコミュニケーションの手段を持たなければ、意思決定しても伝えられない。降伏しようもないし、交渉することもできず、友好国と連係をとることも不可能だ。

 第二次大戦のときは、最後まで日本の大本営が健在であり、最悪の状態は免れた。そのことが日本人の頭にあるせいか、この次もそうなると思う込んでいるが、これは甘すぎるといわなければならない。太平洋戦争の時には手を打ち、信州の山中に設備をつくった。実際には必要なかったが、そのときですら、そうしたセンスがあったのである。

 戦後はそんなセンスはまったくない。これは恐るべきことだ。日本の外交当局や政府が水爆で蒸発してしまうことも、十分にありうるのにである。


天皇、総理、国会の連絡がとだえると、日本は国家でなくなる 

 次に重要なことは、中央政府の意思決定がはっきりせず、国家意思が形成されないと、国際法では、その国の存在は無視されてしまうということだ。

 日本の場合、はたして国家意思が正常に形成され、表明され、さらに一般国民の支持を得るような体制ができているかどうか、はなはだ疑問である。

 日本における最高の意思決定で、今の憲法上必要なのは、天皇、内閣総理大臣、国会の三つである。これが連絡できなければ意思決定はできない。つまり、憲法上では実際に何もできないといってよい。

 たとえば天皇の国事行為として、内閣の助言と承認によって議会を召集するということがある。ということは、内閣と天皇の連絡が断たれれば、議会の召集はできなくなってしまうのだ。

 内閣は召集の主体ではないから、内閣が勝手に召集するわけにはいかない。同じように天皇も内閣の助言と承認がなければ召集できないのである。

 つまり日本の場合はフランスとは異なり、代議士が集まっても議会にはならず、召集されてはじめて議会が成立するのである。日本では法的な手続きを完備する必要があるわけで、物理的に代議士が全部集まっても、それは代議士の集まりというだけで、国会ではないのだ。

 したがって、内閣と天皇の連絡が断たれただけで、日本の法的主体はあっという間に失われる。そうなった場合にどうするか。これは非常に重要な問題であるにもかかわらず、そうした規定は何もないし、ないことに気づいて、なんとかしなくてはならないという発想すら出てこない。

 戦前の日本では、こうした有事における国家の意思決定を可能にする緻密な構造ができていた。天皇の非常大権というものがあったために、議会がどうなろうと意思決定することができたのである。

 戒厳令があったのも、それゆえのことである。戒厳令は議会が破壊されたり、混乱したりしても、枢密院に対する諮問で発令することができた。しかも諮問だから、枢密院が機能しない事態になれば、天皇の非常大権で、みずからが意思決定することが可能だったのである。

 議会や枢密院が機能しなくても、法的には天皇が緊急措置をとることができるようになっていた。したがって戦前は、何がどうなろうと、天皇の意思決定によって何とかなったわけである。ところが現在はそれがない。

 さらに戦前の日本では、万が一にも、天皇の崩御などの場合でも、皇位継承順位というのがあって、自動的に即位ということになるから、意思決定が可能であった。ナンバー・ツーの皇太子から始まって、ずらりと決まっていたのである。

 その点、現在のアメリカよりも緻密であった。
アメリカでは大統領の次に副大統領、下院議長、国務長官というように、十何番目まで順位が決まっている。そうした人たちが全部死に絶えない限り、アメリカ国家は最終的な意思決定ができるのだ。

 だが、現在の日本では総理大臣が急死し、副総理も続いて死去すれば、いったいどうなるのか、何の規定もない。要するに日本には中枢がないのである(ソビエト帝国の崩壊177〜180ページ)。


 小室直樹氏のソビエト帝国の崩壊は、1947年にGHQの圧迫によって皇籍離脱を余儀なくされた11宮家の皇族が担っていた重要な役割、日本国憲法が抱える致命的な欠陥、そしてそのいずれをも認識できなくなった戦後日本人の平和ボケ症候群を簡潔に指摘して余すところがない。

 我が国は帝国憲法起草の原則「伸縮自在フレキシビリティー」と危機克服能力を欠く占領憲法の下で本土決戦に等しい危険な専守防衛を国防の基本に据えているのだから、天皇の予備たる皇位継承権を持つ男系男子皇族の役割は戦前以上に重要になっており、旧宮家の皇室復帰は、ゲリラ・コマンドに対抗するための新型戦車TK−Xの配備や、F−4EJファントム戦闘機の後継機種の選定よりも遥かに重要かつ緊急を要する国防政策である。

 しかしソビエト帝国の崩壊―瀕死のクマが世界であがくの初版発行から30年の歳月が経った今日では、戦後日本の平和ボケ症候群はさらに進行して殆ど脳死状態に陥り、フジTVで愚劣にも「日本が北朝鮮から何発も何発もミサイルを受けてから反撃するかどうか考える」と公言したあの菅直人が国家戦略担当相となり、財務大臣となってしまった。

 脳死状態の者に、有事における国家の意思決定を可能にするアメリカより緻密な構造の再構築−帝国憲法復元改正の意義と旧宮家の皇族復籍を訴えても、空しい努力かもしれない…。

 なぜ海自は帝国海軍と同じくシーレーン防衛能力ゼロ、実戦能力ゼロなのかふらふら占領憲法第76条に拘束される海上自衛隊の悲惨な現場レポが教えてくれる現実は、見えざるごと陰の如き海の伏兵−潜主防衛は可能になるかもしれないが、専守防衛は不可能ちっ(怒った顔)ということである。

 国家権力の解剖―軍隊と警察との差異を理解すれば、占領憲法下の自衛隊は軍隊モドキの警察に過ぎず、有事の際には必ず首都が壊滅して我が国は無政府状態に陥り、自衛隊は最高指揮官と隊紀維持能力とを喪失するのである。

 占領憲法下の日本政府は、いわば首都の大火災時に必ず故障する首都の消防車である。保守風味の占領憲法有効論者改憲派が占領憲法第9条を改廃したところで我が国の国防能力は甦らないのである。

 せめて日本人は、戦争に巻き込まれたくない人海外出張時に携帯するあらゆる危険から身をまもる−民間防衛を熟読し、護憲反戦平和主義者の正体を把握すべきである。

・ファンには堪らないMS型文鎮FORMANIA サザビー
FORMANIA サザビー
戦後日本マルクス占領憲法解釈学などマッカーサーの手のひらで跳ねるノミの曲芸だとなぜ分からんのだ!?」

・最後にブロガーに執筆意欲を与える1日1押人気ブログランキングをクリック願います
↓↓↓


【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:59| Comment(5) | TrackBack(5) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

■日時
4月10日午後2〜6時
開場:午後1時より
■場所日比谷公園野外音楽堂
■登壇者
中山成彬、西尾幹二、土屋たかゆき、戸井田とおる、他多数
■司会西川京子
■入場料 無料
■主催: 過去現在未来塾

http://blog.goo.ne.jp/mizumajyoukou/e/f3acde687957190fa1faa4f27ae2c928
会の趣旨をご覧ください。一緒に皇室をお護りしましょう
Posted by yuki at 2010年03月29日 08:47
ごめんなさい、会の名前入れ忘れてました。

過去現在未来塾の発足講演会です、ねずきち会長もいらっしゃいます。ぜひ参加してくださいね。
Posted by yuki at 2010年03月29日 08:52
所長さん、前回はどうも

小室直樹先生は私も以前参考にしてたんですが『韓国の悲劇 誰も書かなかった真実』でこういう趣旨の事を言ってるんですよね。

http://mito.cool.ne.jp/isawo90/komuro_naoki.html

いま一つ信用できません
Posted by 体育協会 at 2010年05月23日 02:31
中共か北朝鮮が首都圏に核ミサイルをぶち込んで霞ヶ関一帯を蒸発させ、山手線の内側を核物質で汚染すれば、この国は政治機能が完全にマヒします。あとは混乱に乗じて沖縄や対馬、九州への侵攻など、やりたい放題でしょう。恐ろしいことです。
それはそうと、エントリーの日付が間違っていますよ。
Posted by やす at 2010年06月07日 14:12
 体育協会さん、うーん特に矛盾は感じませんが…。最後には小室氏の予言はあたりましたし。

 やすさん、この記事をトップに上げるために、日付を年末に設定しました。
Posted by 所長 at 2010年06月14日 23:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144547702

この記事へのトラックバック

●日本を滅ぼす平和・中立の虚構 (天皇、総理、国会の連絡がとだえると、日本は国家でなくなる)
Excerpt: ↓先ずはクリックして下さい^^↓ ココをクリック(o^∇^o)ノ 人気ブログランキングへ
Weblog: 草莽崛起 ★日本の学校で教えられる近代史は嘘です★
Tracked: 2010-03-25 17:36

「閣僚は国務に専念してろ!党運営に口を出すな!」 by 小沢一郎
Excerpt: わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。 民主党の小沢幹事長が自分の党運営に対する批判を封じるために「国務大臣は国務に専念してもらえればいい」と発言したそうだ。 msn産経ニュース/【小沢会見】(1..
Weblog: 愛国学園 excite分校
Tracked: 2010-03-25 22:00

ジミンガー泪目! 「自分の不幸を他人のせいにする奴は民主主義社会の一員ではない」 by 小沢一郎
Excerpt: わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。 人間には苦しい時に他人に頼ろうとする弱い一面があります。 それを戒める言葉が数多くあります。 その内の一部を紹介します。 忍者分校 http://sc..
Weblog: 愛国学園 excite分校
Tracked: 2010-03-26 22:43

[速報]韓国海軍艦艇沈没す
Excerpt: msn産経ニュース/韓国海軍艦艇 黄海で浸水 原因不明、爆発の情報も http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100327/kor1003270005000-n1...
Weblog: 愛国学園 excite分校
Tracked: 2010-03-27 02:12

”アカサギ”に遭ったシャチョーさん、堂々と日本から出て行く
Excerpt: わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。 ”アカサギ”の被害者がまた一人現れた。 今度は アカサギ http://schoolforp.exblog.jp/11056134 や No M..
Weblog: 愛国学園 excite分校
Tracked: 2010-03-27 17:04