2009年10月03日

東亜共同体を撃つゴルゴ13第92巻

 東亜共同体-それは戦前から連綿と続く反米大陸派の夢であり、現在でも日露中の三国同盟を画策する勢力が蠢動していた。しかしそれを嫌うアメリカのCIA職員から、東亜共同体構想の中心にいた日本の革新官僚の暗殺を依頼された男がいた。

・ブロガーに執筆意欲を与える1日1押人気ブログランキングをクリック願います。

「しばらくだな、ゴル・・・いや、デゥーク・トウゴウ・・・」

「・・・用件を聞こうか」

「標的は、外務省の局長で長倉という男だ・・・これが後に関する資料と写真だ・・・日本という国は銃の使用に過敏症なところがある。だから射殺という証拠が残らぬようにしてほしいのだ・・・これが条件だ・・・」

「・・・これはCIAとしての依頼か?」

「いや・・・私個人の依頼だ・・・」

「・・・この男を除去する理由は?」

「アメリカのためだ!!長倉は、日本が中心になってアジアに。東亜共同体を作ろうとしているのだ・・・ECのアジア版・・・いや、あの忌まわしい大東亜共栄圏の再現だ!!
 そんなものが出来上がれば、アメリカは完全に孤立してしまう!!それだけは絶対に阻止しなければならない!!」

「・・・なぜ、お前個人がやる?」

「CIAは、あまりにも弱体化してしまった!!今度のゲーツ新長官も、アテにはできん!!」

「俺の人生は、CIAとともにあった・・・CIAは、俺自身なのだ・・・だから俺は・・・CIAのそんな姿には、がまんできないのだ!!
 だが・・・やはり、俺はCIAの一員なのだ・・・本部の、本部からの、指令なくして、俺自身が動くわけにはいかん!
 だから・・・だからこうしてあんたに依頼するのだ!!頼むっ、引き受けてくれ!!Mrデゥーク・トウゴウ!!」

「スイス銀行の番号口座への振り込みが確認され次第、仕事に入る・・・」

「おお!!」


「何が、若造だっ、ふざけるな!!何もかも我々にまかせきりのくせに!!我々がいなければ代議士なんて何もできないくせに!!
 たとえ、金田幹事長がなんと言おうと、我々の手で東亜共同体を創りあげてやる!!それが日本のためなんだ!!いや、アジア全体のためなんだ!!」

 ヴスッドドオーン


ゴルゴ13
figma ゴルゴ13

 以上はゴルゴ13東亜共同体(92巻)からの引用である。

米政府、鳩山首相の「東アジア共同体」に強い反対 不信と懸念強める(産経新聞2009.9.28)

【ワシントン=有元隆志】鳩山由紀夫首相が国連総会の一般討論演説で表明した「東アジア共同体」構想に対し、米政府高官が米国抜きの構想だとして強く反対する意向を日本側に伝えてきたことが28日、分かった。日米関係筋が明らかにした。

 就任直後の訪米で、オバマ米大統領との信頼関係の醸成に自信を示した首相だが、首相の外交政策への米側の懸念がかえって強まっていることを示している。

 同筋によると、構想に反対し懸念するとの意向は、24日の首相の演説直後に米政府高官が日本政府高官に伝えた(中略)。

 首相は21日に中国の胡錦濤国家主席とニューヨークで会談した際も、「東アジア共同体」構想に言及し、「日中の違いを認めながら、違いを乗り越えて信頼を築き、構築したい」と語っていた。

 首相は16日の就任記者会見では「米国というものを(構想から)除外するつもりはない。米国抜きで必ずしもすべてできるとは思ってもいない」と語ってもいる。しかし、かねてから同構想への警戒感を抱く米側は、日米首脳会談で首相の「真意」を確認できないままに終わり、構想の説明については米国は“外された”格好にもなったことから、不信感と懸念を強めたものとみられる。

 米政府はブッシュ前政権時代から、「東アジアから米国を排除するようなもの」(アーミテージ元国務副長官)とするなど、同構想への反対姿勢を鮮明にしてきた。


【2ちゃんねるで拾ったコピペ】

・小沢の不正献金の件で西松の社長を逮捕したら、その日たまたま西松元専務が死亡。
・その3日後、重要参考人だった長野知事の元秘書がたまたま自殺。
・その後、小沢を告発していた元議員がたまたまソウルで心臓発作で死亡。
・民主支部家宅捜査の翌日にたまたま民主事務所から出火して全焼、全資料焼失。
・火事の第一通報者がたまたま民主党員の秘書だった。
・しかし「第一通報者は通行人」と報道した番組が複数あった。
・平成16・17年に鳩山の収支監査をやった花田順正税理士が衆院選の前日にたまたま心不全で死亡。

 むかしソ連のスパイであったハリーデクスターホワイトはジギタリスを大量服用し不可解な死を遂げた。あの国の諜報機関は確か心臓発作に見せかける暗殺術を持っていたはずだが、とにかく漫画が現実を描いているのか、現実が漫画に追いついてきたのか分からないが、何やらキナ臭くなってきた。

・ゴルゴ13が装甲騎兵と戦う第49話を収録ゴルゴ13 IV<最終巻>
ゴルゴ13 IV<最終巻> [DVD]
「さいきん多くの日本人から、『ゴルゴ13はまだか、ゴルゴ、糞公害を撒き散らす鳩を狙撃してくれ!』という悲鳴を聞くようになった。
 鳩を狙撃する訓練は電動ガン M16 ゴルゴ13カスタム 限定品を使うといい」


・あなたを常に見守るキュージョン ゴルゴ13ちゃん
ネツケ キュージョン ゴルゴ13
日本国の大麻密売組織を一掃する日本オリジナル脳内麻薬メーカー賢者の快感-聴能エクササイズを広めてくれる方は、ブロガーに執筆意欲を与える1日1押人気ブログランキングをクリック願います。」
↓↓↓


posted by 森羅万象の歴史家 at 23:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東アジア共同体は日本の国益を害するだけでしょう。だいたいEUっていうのはアメリカとソ連の台頭に危機感を感じたヨーロッパがフランスを中心に作った同盟ですから、イギリスでは離脱運動が起きているくらいです。一番勘弁してほしいのは通貨統一ですね。これは冗談抜きでやばい。それより中川昭一先生がお亡くなりになって、たいへん残念な気持ちです。日本のためになる政治家がどんどん葬られています。自民党が再び保守政党になる日はないでしょう。もともと保守だったかどうかも怪しいですが……。
Posted by 保守主義者 at 2009年10月04日 12:18
もともとヨーロッパは民主主義、国家同士は平等であるとの常識、権力は制限されなくてはならないとの原則の理解など様々な知識的共通基盤がそろっていた上での統合であるのに対し、東亜共同体構想は、どう考えても成り立ちそうにない。
絶対的権力がよく分からないまま決まるかの国々と一緒にやっていけるわけがない。
それを認識しないし、出来ない者に総理になっていて欲しくない。
寝言かます暇あれば、不埒な社会保険庁の腐れ役人を血祭りにあげてろというのが、一般小市民の願望である。
Posted by Suica割 at 2009年10月04日 14:27
反日国家である中国と共同体を作ること自体が余りにも馬鹿げている。こんな共同体ができてしまえばおそらく米国は東アジアから締めだされ核兵器と強大な軍事力を持った中国が東アジアを牛耳るに違いない。今の首相は綺麗事ばかり言って現実を見ていません。今日本が本当にすべきことは共同体でも脱官僚でもなくきちんとした国防強化なのに、今の首相にはそのような考えが全くないといわざるをえません。
Posted by のび太 at 2009年10月04日 19:30
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法