2009年08月02日

韓国人の自爆史観―王仁と神功皇后

 民間防衛「戦争のもう1つの様相」が敵国に謀略を仕掛けるためのマニュアルになっているように、易姓革命を肯定する孟子は、実は易姓革命を防止する格好の指南書になっている。

 だから我が国では宇多天皇の寛平三年(891)に藤原佐世の著した『日本国見在書目録』には『孟子趙岐註』十四巻をはじめとして、陸善経の注本などが収録されていて、すでに平安朝の半ば頃には孟子の古注本が日本に伝来し、経学の専門である清原家で連綿として購読が続けられたという。

 雨月物語にある次の記述はあくまで伝説である。

 「『周の創、武王一たび怒りて天下の民を安くす。臣として君を弑すといふべからず。仁を賊み義を賊む、一夫の紂を誅するなり 』といふ事、孟子といふ書にありと人の伝へに聞侍る。されば漢土の書は経典史策詩文にいたるまで渡さゞるはなきに、かの孟子の書ばかりいまだ日本に来らず。此書を積て来たる船は、必しも暴風にあひて沈没よしをいへり。それをいかなる故ぞととふに、我国は天照すおほん神の開闢しろしめしゝより、日嗣の大王絶る事なきを、かく口賢しきをしへを伝へなば、末の世に神孫を奪うて罪なしといふ敵も出べしと、八百よろづの神の悪ませ給うて、神風を起して船を覆し給ふと聞。されば他国の聖の教も、こゝの国土にふさはしからぬことすくなからず」

 そして繰り返し「仁」の重要性を説く孟子を学んできた人々は我が国の皇室かもしれない。

・日本人が韓国の歴史偽造に付き合う必要は全くないと思う方は、ブロガーに執筆意欲を与える1日1押人気ブログランキングをクリック願います。 

 仁徳天皇の次の言葉には、明らかに孔孟とくに孟子の影響が見える。

 「天が人君を立てるのは、人民の為である。だから人民が根本である。それで古の聖王は、一人でも人民に飢えや寒さに苦しむ者があれば、自分を責められた。人民が貧しいのは自分が貧しいのと同じである。人民が富んだならば自分が富んだことになる。人民が富んでいるのに、人君が貧しいということはないのである」

 もしかすると王仁が倭(やまと)に持ってきた諸々の典籍の中に孟子があり、仁徳天皇は大鷦鷯尊(おおさざきのみこと)皇子として弟の菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)皇太子とともに孔孟の教えを熱心に学んだのかもしれない。

 (応神天皇)十四年春二月、百済王が縫衣工女を奉った。真毛津という。これがいまの来目衣縫の先祖である。この年、弓月君が百済からやってきた。奏上して、「私は私の国の、百二十県の人民を率いてやってきました。しかし新羅人が邪魔をしているので、みな加羅国に留まっています」といった。そこで葛城襲津彦を遣わして、弓月の民を加羅国によばれた。しかし三年たっても襲津彦は帰ってこなかった。

 十五年秋八月六日、百済王は阿直岐(あちき)を遣わして、良馬二匹を奉った。それを大和の軽の坂の上の厩で飼わせた。阿直岐に掌らせて養わされた。その馬飼いをしたところを厩坂という。

 阿直岐はまたよく経書を読んだ。それで太子菟道稚郎子の学問の師とされた。天皇は、阿直岐に、「お前よりもすぐれた学者がいるかどうか」といわれた。「王仁というすぐれた人がいます」と答えた。上毛野君の先祖の荒田別・巫別を百済に遣わして、王仁を召された。阿直岐は 阿直岐史の先祖である。

 十六年春二月、王仁がきた。太子菟道稚郎子はこれを師とされ、諸々の典籍を学ばれた。すべてによく通達していた。王仁は書首らの先祖である。この年百済の阿花王が薨じた。天皇は直支王(阿花王の長子)をよんでかたっていわれた。「あなたは国に帰って位につきなさい」と。よって東韓の地を賜り遣わされた。東韓とは、甘羅城・高難城・爾林城がこれである。


 王仁を応神天皇に紹介したのは阿直岐である。阿直岐は応神天皇に良馬を献上した百済の朝貢使である。そして百済が毎年相ついで倭に朝貢使を送り優れた産物や人物を献上したのは、百済王が応神天皇の母である神功皇后に、「永代朝貢」を誓約していたからである。

 韓国では、王仁は日本に文化を伝えた『韓国人』として扱われており、中学生用の国定歴史教科書には「王仁は日本に進んだ文化を伝えた」と記述されている。また、近年、全羅南道の霊岩郡では、毎年王仁博士祭りを開き、日本に文化を伝えた王仁を記念しているという。

 韓国人が王仁を韓国人として誇り、日本国に恩を着せるのは勝手だが、韓国人が王仁の実在を認めると、それは日本書紀の応神紀を信用するということだから、韓国人は、百済が倭の属国であり神功皇后の新羅再征と百済への領土割譲に感謝して倭に毎年朝貢していたことを事実として認めなければならないはずである。

 しかし韓国人はそれを頑なに否定する。在日・強制連行の神話の著者である鄭大均氏がこの矛盾を問い質したら、韓国人の歴史学者は黙り込んだらしい。

 今日の日本論の体たらくぶりを、日本古代史の専門家という立場から批判しているのは金絃球高麗大学教授である。

 1985年、(中略)H大学アジア文化研究所主催で、「 東洋古代文献の信憑性 」というテーマのシンポジウムが開催され、私は日本文献に関する発表者として参加することになった。
 発表に先立って市内の某ホテルで主催者側と発表者が事前集会をもった。当時私は血気にあふれており、また韓国史の大家であるL教授と同席したこともあって平素抱いていた韓国の学界についての不満をぶちまけた。

 「わが国の中・高等学校教科書を見ると、百済・高句麗・新羅三国の文化が日本に伝えられた話が出てきますが、その内容は日本古代史書である『 日本書紀 』を土台にしているもので、わが国の史書にはありません。

 ところが、日本の学者たちが『 日本書紀 』を土台にして、古代日本が200年余り韓半島南部の伽耶( 日本では任那という )地域を支配したという「任那日本府説」を主張すると、韓国の学界では、それは( 中略 )信じることができない資料なので、その学説も信じることができないと主張しています。( 中略 )これは明白な矛盾であり、こうした姿勢ゆえに日本の学界が韓国の学界を軽く見るのではありませんか 」と、身のほどを知らぬ質問をした。

 そうしたらL教授は黙り込んで答えず、横におられたC教授が「自信がないんだよ」とおっしやった。

 『 日本書紀 』には日本が『 任那日本府 』という機構を置いて韓半島南部を支配しつつ三国文化を運んでいったようになっている( 中略 )。しかし、韓国の中・高等学校では三国文化が日本に伝播される国際関係に関しては何の説明もされず、ただ高句麗、新羅、百済の三国が日本に文化を伝えた事実だけを教えている。
 そこで、学生たちは日本を客観的に理解できず、無条件、対日優越意識だけを助長する結果をもたらした。外国に出かけたわが国の学生が、日本側の主張をそのまま取りあげた任那日本府説( 中略 )に接して戸惑うのも無理がない(日本(イルボン)のイメージ―韓国人の日本観


 日本の古代史学者も金絃球氏に追随し、嫌味と皮肉をタップリと込めて韓国の歴史偽造を糾弾すればよいのに、なぜか韓国の任那日本府架空説に屈服してしまう学者が続出するのだから不思議である。 

<関連ページ>

中共が大ピンチ(笑)虚偽の南京大虐殺肯定論が生む日本軍最強伝説

・古代史の傑作古代天皇はなぜ殺されたのかが解説する一年二歳説を採ると、古代天皇の異常に長い寿命の謎が氷解し日本書紀から真実の古代史が浮かび上がってくる神功皇后は実在した―その根拠と証明

・大人になって知ったふらふら古典の面白さと重要さを教える孟子
孟子〈下〉 (岩波文庫)

・日本人が韓国の歴史偽造に付き合う必要は全くないと思う方は、ブロガーに執筆意欲を与える1日1押人気ブログランキングをクリック願います。


↑↑↑↑ 
一日一押人気ブログランキングをクリック願います。 


 
【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

【日韓】 日本で放置された「王仁博士の碑」~韓半島の役割をできるだけ隠そうとする歪曲された歴史認識
Excerpt: 1 :蚯蚓φ ★:2012/06/09(土) 22:20:53.10 ID:???http://keyframe.imnews.imbc.com/desk/2012/06/08/2/Large_202..
Weblog: 【2ちゃんねる】痛い韓国・北朝鮮ニュース
Tracked: 2012-06-10 04:03
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法