2009年07月07日

国民主権の由来と定義-ルソーの主権論を吸収したシェイエス著/第三身分とは何か

 フランスが対外的に独立を達成し、国内の統一を完成し、国内において法の整備を進めて近代国家となった時、ジャン・ボーダンの主権の所在と性質の混同論のうち、国内法上における君主主権説は全く不要になったにもかかわらず、非近代的な王権神授など君主(太陽王ルイ14世)に対する阿諛追従の学に堕落してしまった結果、嫉妬と憎悪と怨恨を司る人形の悪魔ジャン・ジャック・ルソーが君主主権の君主を人民(国民)に置き換え、君主制(王制)を破壊する革命のイデオロギーを生み出したのである。それが人民主権(国民主権)説である。

 ルソーの主権論の大きな影響下にあったフランス革命の煽動家シェイエス(1748年~1836)の「第三身分とは何か」が平易にそれを解説している。シェイエスの理論はルソーの主権論を憲法制定権力(制憲権)に吸収しようとするものである。

・ブロガーに執筆意欲を与える1日1押人気ブログランキングをクリック願います。

 あらゆる自由な国民は-当然自由でなければならない-において唯ひとつの方法のみが憲法について生じる論争に結末をつけさせるのである。それは名士諸公に救いを求めることではない。国民自身に救いを求めることである。

 憲法がなければ、それを一つ作るべきだ。国民だけが憲法制定権をもっている

 政府という団体を組織する必要があり、その存在と活動とが望まれるなら、さらに付加すべき利益は国民に代って公共の権力を行うものがその委託者に実を及ぼすようなものにはならないということである。

 これに基づいて、きわめて多くの政治的予防方法が憲法のうちに織り込まれ、それが政府にとって本質的な法規となり、これなくしては権力の行使が非合法となる。

 ゆえに、ひとの知るように、政府をして設立目的に叶うよう行動せしめ、その矩(さしがね)を超える力を与えないために、内部的にせよ外部的にせよ、一定の形態を政府に課することが二重の意味で必要になるのである。

 しかし世人は我々にむかって、如何なる見解、如何なる利益によって国民自体に憲法を与うべきであったと云うのかと訊ねるであろう。

 国民はすべてに優先して存在し、あらゆるものの源泉である。その意思は常に合法であり、その意思こそ法そのものである。それに先立ち、その上にあるものとしては、唯ひとつ、自然法があるにすぎぬ。

 国民の意思のみに源をもつ実定法の結果について、我々が正しい考えを持とうと思えば、まず第一に、組織法(憲法)を検討する。それは二部に分かれる。一つは立法団体の組織の機能とを規定し、他の一つは行動団体の組織と機能とを規定する。

 この二種の法規は基本法と称せられるが、それもこの法が国民意思から独立し得るものという意味においてではなく、その法によって存在し活動する団体が、それに指一本触れることができないものだからである。

 憲法はそのいかなる部分でも、憲法によって規定せられた権力によって作られたものではなく、憲法を制定する権力によって作られたものである。

 政府は憲法に従う場合だけ実権を行使し得る。政府に課せられた法規に忠実である限り、合法的である。これに反し、国民意思にとってはその実在のみが常にその合法性の必要条件であり、それはあらゆる合法性の源泉である

 国民は、ただ単に憲法に束縛されないばかりでなく、そうあり得ないものであり、また、そうであってはならないものである。これは結局、国民は束縛されないものであると云うに外ならない。

 国民は憲法によって束縛され得るとしても、人為的な規定の桎梏に苦しめられていてはならないものである。

 それは自己の自由を永遠に失う危険を冒すものである。蓋し僅かの間、暴政が成功すれば、完全に国民は憲法にかこつけて国民を一つの法規で縛りつける暴君に屈従し、自己の意思を表明することもできなくなり、従って永久に専制政治の鉄鎖を断ち切ることができなくなるのである。

 地上の諸国民は、これを社会的な束縛の外に立つ個人、或いは、いわゆる自然状態における個人と考うべきものである。その意思の実行は自由であらゆる民法上の諸規定の適用を受けない。

 存するのはただ自然秩序だけであるから、その意思は意思の自然的な諸性格を備えさえすれば、意思のあらゆる結果から自由になり得る。
 国民がたといどんな意思をもっても、国民が欲するということだけで十分なのだ。そのあらゆる形式はすべて善く、その意思は常に至上至高の法である。

 繰り返そう。国民はあらゆる形式と無関係である。いかなる方法によって意思を形づくろうとも、その意思が表明されれば十分である。蓋しあらゆる実定法は国民の前ではあたかも実定法の源泉および最高支配者の前に出たように、全く無力となるからである。

 国民の普通代表者は憲法上の諸方式に従って、善政を続けて行くために必要な共同意思の一部分をすべて実施する任務をもっている。

 特別代表者は国民が進んで与える新しい権力をもつのであろう。実際、大きな国の国民は異常な事件が起きる度に直ちに全員が集まることも難しいから、かような場合に必要な権力を特別代表者に委任せざるを得ない。

 もし仮に国民が集合し意思を表明することができた場合、国民が一つの方式よりも他の方式に従ったといって、その意思に異議を申し立てることができるであろうか。この場合、現実性がすべてであって、方式はゼロである。

 特別代表団はこの国民の国会の代わる。もちろん、それが国民意思の全権を授けられる必要はない。単にかような非常時に当たっての特別の権力だけでよいのである。

 しかしこの団体は国民にかわって、あらゆる組織法の方式から独立する。ここでは権力の濫用防止のために大掛かりな方策を講じる必要はない。これらの代表者たちは一つの特定事項について一定の時期だけ代表権をもつにすぎない。彼らが決定した事柄については憲法上の諸方式に拘束されないと私は云うのである。


 どこかでルソーおよびシェイエスの主権論に見覚え或いは聞き覚えのある日本人の方は、読了後にブロガーに執筆意欲を与える1日1押人気ブログランキングをクリック願います。


<関連ページ>

・ルソーの呪い-なぜマルクス・レーニン主義は地獄の門を開くのか


↑↑↑↑ 
・読み終えたら、ぜひとも一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(2) | 本当は怖い憲法のはなし | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

「民主応援ハシシタ大阪府知事の猿芝居」
Excerpt: 皆様、ご訪問&応援クリックいつも有難うございます、心より感謝申し上げます。 やはり、愚生が危惧した通りの展開になってきました。 大阪府知事 ハシシタ 徹の狙いは、 ハシシタ 自身がこれまでに明言してい..
Weblog: 日本を守るために
Tracked: 2009-07-09 07:06

ハシシタ大阪府知事とその信者は頭がパーなのか、それとも狡猾な詐欺師なのか
Excerpt: 皆様、ご訪問&応援クリックいつも有難うございます、心より感謝申し上げます。 日本国民の皆さまへ 「 反日マスコミの真実 2009 」「 NHKの正体 」等を出版してくれている撃論ムック編集部に、 「民..
Weblog: 日本を守るために
Tracked: 2009-07-11 01:25
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。