2009年04月16日

朝日に貶められた常温核融合-日本から生まれるかもしれないアルケミー物理学

 我が国の人文系学問の分野のみならず理数系学問の分野をも蝕む病、それは自説保全という自己保身である。世を席巻する井伏鱒二現象これは日本民族の不治の病なのかもしれない。

 外国と在日外国人に税金をバラ撒くなら、国内にある最先端科学技術研究開発機関の日本人に税金を支給すべきだと思う方は、ブロガーに執筆意欲を与える1日1押人気ブログランキングをクリック願います。

日本発次世代エネルギー―挑戦する技術者たちの目次

第6章 常温核融合は死んだか
祭りの後の光景
新水素エネルギープロジェクト
NEDOの選択
豊田稔の活躍
二度の過剰熱発生
過剰熱は出なかった。しかし・・・
常温核融合という名の「踏絵」
留学で養われた反骨精神
電解停止後の異常な発熱
常温核融合から核変換へ
アメリカは変わるか
今も研究を続ける重機メーカー
熱利用から新元素変換へ
生成されるさまざまな元素
自分たちの意思で元素を変える
元素変換で発生した希少元素
幸運だった研究チーム
元素変換によって貴金属はできるか
元素変換を認めさせる道
「試験管の中の太陽」
鍵となる格子の役割
帰国後の逆風
錬金術が科学的に証明されれば、ノーベル賞三つの価値がある
海外の研究状況
常温核融合から常温核分裂へ
パラジウムの核分裂を可能にするフォトン励起
クリーンな核分裂は可能か
理論による実験のコントロール


 昨年、我が国の科学者による常温核融合の実験が成功したというニュースが相次いで流れていた。

 2008年5月22日、荒田吉明大阪大学名誉教授により大阪大学で公開実験が行われ、5月23日の日経産業新聞および日刊工業新聞で報道された。新聞報道によれば、レーザ、電気、熱等を使わずに、酸化ジルコニウム・パラジウム合金の格子状超微細金属粒子内に重水素ガスを吹き込むことだけで、大気中の10万倍のヘリウムと30kJの熱が検出されたものである(日経産業新聞)。

 生成されたヘリウムは一度金属内に取り込まれると数百度の熱を加えないと放出されないためサンプル再生が課題となるとしている(日刊工業新聞)。同内容の論文は高温学会誌Vol34「固体核融合実用炉の達成」で発表されている。

 2008年6月11日には、北海道大学大学院で水野忠彦が水素と炭素を加熱することで、自然界には1%程度しか存在しない炭素13が大量に発生し、窒素と過剰熱を検出したと北海道新聞に報道された。大阪大学の時と違って、パラジウムや重水素が関わってこない。その代わり、多環芳香族炭化水素フェナントレン(有機物)を使用している。30回の実験すべてで過剰熱を確認していることから、再現性が非常に高いことが分かると主張している。

 しかし読売、産経、毎日、朝日系の大手マスコミは成功を報じなかった。かつて大手マスコミは常温核融合にインチキというレッテルを張ったからである。朝日新聞の批判などはまさにギロチンブーメランである。

 「(1993年から)五年で二十三億円を投じた研究で、核融合の確かな証拠は得られず、過剰熱を必ず発生させることさえ出来なかった。やっぱりインチキだった、のだろう。物理学者の多くは懐疑的だった。しかし提唱者はひるまなかった。生活がかかると、うそもつくし、ホラも吹くというのが、人間の悲しい性だろう」(朝日新聞1997年9月6日)

 1937年12月の南京攻防戦を取材した朝日新聞の記者たちは自分たちの目で陥落直後の日本軍占領下の南京を取材したからこそ、南京大虐殺を否定したのである。常温核融合の研究者たちは常温中に起きた不思議な現象を直接目撃したからこそ、文部省、凡庸な物理学者、そしてマスコミの冷遇と迫害に屈することなく、研究を続行し、苦闘の末に常温核融合の成果を出して来ている。イノベーション 破壊と共鳴の著者山口栄一氏は常温核融合が嫌われる理由を次のように語る。

 「核物理学者がなぜ常温核融合をゲテモノ扱いするかというと、常識を覆しているからです。普通は重水素が核融合を起こすためには、一キロボルトくらいのエネルギーがいる。たとえ起こったとしても、生成物は三重水素と陽子、ヘリウム3と中性子という二つの可能性しかない。ところがそうした放射線ばかり出ずに熱ばかりでる。だからおかしいというわけです。しかしこれは真空中で水素が核融合を起こしたときの話なんです。(パラジウム原子核の結晶の)格子によって誘因された核融合とは全然違う話なんです」

 「教科書を最初から最後までしっかり読んで、きちんと理解することが研究だと思っている人が多いんです。しかし研究というのは、そこに書いていないことを一ミクロンでもいいから見つけることなんです。その魂が大事なんですよ。研究者たちは革命を起こすことが一番大事な目標ですが、技術者は決まった枠で物事を考える。現場の技術者は本当の研究の手法を知らないんです」

 「彼ら(固体内核反応研究者の岩村 康弘ら三菱重工の研究者)は錬金術という成果をはっきり言っています。その勇気は立派だと思います。元素変換が正しいということが確証されたら、これはノーベル賞を三つやっても足りないくらいですよ。錬金術が科学的に証明されたわけですから。むしろノーベル賞を超えていると思います。ノーベル賞はあくまでヨーロッパサイエンスの枠内の話ですからね」

 「錬金術(アルケミー)はアラビアで生まれて、ヨーロッパに伝わって化学(ケミストリー)を生んだわけです。錬金術はサイエンスの父であり、母なんです。しかしヨーロッパ人はアラビアが祖といわれることに嫌悪感を持っていますから、あれは非科学的なものだ、悪魔のものだといって否定する。ヨーロッパこそがサイエンスの祖であると、私たちはいわば洗脳されているわけです。だから錬金術まがいのことが科学で起こったならば、当然、それは唾棄されるべきでしょう。
 その意味で元素変換はずっと迫害されると思いますよ。ジャーナリストはその掌に乗って批判しているだけです」


 そして山口氏は、どこか隠れキリシタンの雰囲気を漂わせる常温核融合研究者たちを代弁して次のように語る。

 「学会で認められなくてもいいじゃないですか。自然の神秘を突き止めたい、自然のベールを剥がしたことで自分をほめようという思いでやっているわけですから。いまだにこの研究を続けている人は、そういう悟りの境地に達していると思いますよ」

 常温核融合研究者たちが理数系の隠れキリシタンなら、人文系の隠れキリシタンは、事実論と法律論は別だと言い張り八月革命説を守り続ける憲法学会に無視される占領憲法無効論者と、マルクス主義者が牛耳る歴史学会に迫害されるソ連(コミンテルン)陰謀史観論者であろう。真名さんが素晴らしい研究成果を上げれば、ヲシテ研究者が隠れキリシタンとなり、所長はトリプル隠れキリシタンになってしまうのか・・・。

 人文系の隠れキリシタンに公的保護は不要だが、理数系の才能は貴重な国宝なのだから、本来なら防衛省あたりが異端の科学者を囲い込んで彼らの思う存分に研究を行わせるべきなのである。税金を使用する研究が失敗しても、それが国内の資金循環である限り、無駄にはならないし、失敗から貴重な教訓が生まれるからである。

 田母神俊雄氏と潮匡人氏が自衛隊はどこまで強いのかで、あと2兆円あれば自衛隊は今とは見違えるぐらい強くなるのに、と切歯扼腕しているが、本当にそうであろう。今まで日本政府が様々な理由をつけて外国と外国人に貢いできた税金を国内の最先端科学技術の研究開発に投入していたら、我が国は今とは見違えるぐらい素晴らしく恐ろしい国になっていただろうに。

<関連ページ>

これはひどい!世を席巻する井伏鱒二現象

常温核融合2008―凝集核融合のメカニズム

縄文人のこころを旅する―ホツマツタヱが書き直す日本古代史

閉ざされた戦史研究-第二次世界大戦と日独伊三国同盟-海軍とコミンテルンの視点から

左翼歴史学者が顔面蒼白(笑)ソ連の対アメリカ諜報活動を暴いた素晴らしい資料集「アメリカ共産党とコミンテルン-地下活動の記録」

・朝日新聞は理数人文系の両分野で日本人を貶めているのだ!「朝日」に貶められた現代史―万人坑は中国の作り話だ


 外国と在日外国人に税金をバラ撒くなら、国内にある最先端科学技術研究開発機関の日本人に税金を支給すべきだと思う方は、ブロガーに執筆意欲を与える1日1押人気ブログランキングをクリック願います。


↑↑↑↑ 
・読み終えたら、ぜひとも一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法