左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義−大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡−なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法−菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正−エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有年金絶望世代も元気が出る!国の借金アッと驚く新常識・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法知れば食費と医療費を節約できる酵素はなぜ病気を防ぎ、寿命を延ばすのか

2009年04月13日

昭和天皇と憲法改正−天皇の発言と憲法の効力 

 違憲行為が天皇の裁可と「朕これを深くよろこぶ」という勅語を得て有効になるなら、天皇はあらゆる違憲行為を犯すことができる。天皇が自分勝手に法律案を作成し、議会の協賛と国務大臣の副署を得ないまま、法律案を裁可公布して「朕これを深くよろこぶ」と宣言すれば、この違憲立法(帝国憲法第5条、第37条、第55条違反)は有効になり、我が国は立憲君主制議会制デモクラシー国家ではなくなってしまう。

 GHQが国際法と帝国憲法を蹂躙して(帝国憲法勅語、憲法73条および75条違反−詳細は占領憲法の正體)我が国に強要した占領憲法に、昭和天皇の裁可と「朕深くよろこび」という勅語があることを根拠とする占領憲法有効論は、天皇は憲法に拘束されないという上杉慎吉流の「天皇主権説」であり、立憲主義を否定する暴論である。しかもこの有効論は尊皇を装いながら実際は帝国憲法と昭和天皇を侮辱している。

・読み終えたら、ぜひともブロガーに執筆意欲を与える1日1押人気ブログランキングをクリック願います。

 帝国憲法は立憲君主制を明示していて、天皇が憲法から離脱して統治の大権を行使することを厳禁している(帝国憲法告文、憲法発布勅語、憲法義解第3条、第4条、第55条、第73条、第76条解説)。そして戦前の昭和天皇は内閣の交代ごとに総理大臣に「憲法の遵守」を求められ、また御自身が率先して帝国憲法を遵守し臣下に範を垂れて来られた。

 ポツダム宣言を蹂躙した占領軍の監視と脅迫の下にあった昭和天皇の苦境を考慮せずに占領憲法公布勅語を額面通りに受け取る占領憲法有効論者は、昭和天皇が国際法違反行為と帝国憲法違反行為を深く喜ばれたと言うのである。それは、我が国の降伏後も変わらなかった昭和天皇の帝国憲法遵守の姿勢は臣民を欺く擬態であったと言うに等しい。これほど帝国憲法と昭和天皇を侮辱する憲法論はない。

 昭和20年9月25日、昭和天皇はアメリカの記者の質問に答えて、英国のような立憲君主国がよいと答えられ、更に「立憲的手続を通じて表明された国民の総意に従い、その線に沿って必要な変更が実行されることを衷心より希望する」と仰せられたという(昭和20年9月29日付朝日新聞)。

 当時すでに占領軍は検閲を開始していたとはいうものの、未だ日本国憲法の制定を企図しておらず、日本人は憲法の改正に関して比較的自由に発言することができた。だから上の発言は昭和天皇の御本心に近いものといっても良いだろう。やはり昭和天皇は憲法改正の立憲的手続−適法過程を重んじておられたのである。

 だから違憲の占領憲法の無効を宣言して帝国憲法を復元し帝国憲法の改正手続に従って必要な改正を行うことこそが真正の尊皇である。そして我が国を英国風の立憲君主国にするには、帝国憲法の議院上奏権を活用して議院内閣制を確立し、天皇の統帥大権を内閣の輔弼事項に加えるか総理大臣への委任事項にすれば良いのである。

【所長の憲法義解第11条解説改正試案】

帝国憲法改正第十一条 

 天皇は国防軍を統帥す


 改正の目的は大東亜戦争における帝国の敗因を克服するにあり。敗因の重大なるものは、天皇の統帥大権が内閣の輔弼より独立し、統帥大権を輔翼する統帥部が陸軍参謀本部と海軍軍令部に分裂したことにより、国務と統帥が合致せず、陸軍と海軍との間に深刻なる不和が生じたることなり。

 東條英機元首相の遺言にいわく、「最後に軍事的問題について一言するが、我が国従来の統帥権独立の思想は確かに間違っている。あれでは陸海軍一本の行動はとれない」と。

 改正の条項に拠りて天皇は内閣総理大臣の輔弼に依り軍令を発す。軍令は国防軍を動かすための命令にして、帝国軍人に遵守の義務を負わせる者なり。

 軍令の性質は臨機応変と秘密厳守を要する者なれば、議会の協賛を須(また)ざるべきこと当然なりといえども、軍令に過誤あらば帝国の存立は危殆に瀕すること必至なり。

 故に天皇は陸軍、海軍、空軍、宇宙軍その他、帝国の全軍種を国防軍に束ねて必勝を策する統合参謀本部を設けてこれに内閣総理大臣を補佐せしめ、国防に遺漏なからしむること肝要なり。


帝国憲法改正第五五条

一、総理大臣は内閣を組織し国務各大臣の首班として天皇を補弼し其の責任を負う

二、凡て法律勅令其の他国務に関する詔勅及統帥に関する軍令は国務各大臣の副署を要し副署なきものは無効とす



 俗に帝国憲法のモデルといわれているプロイセン憲法はイギリス憲法の影響を受けており、帝国憲法はイギリス憲法に非常によく似ている(小森義峯著正統憲法復元改正への道標の指摘)。
 憲法起草者の一人である金子堅太郎に憲法義解の批評を求められたフランス元老院議長秘書官のルボン氏が以下のように看破したのは、さすがである。

 「予は日本の憲法は全くゼルマン主義に基きたるものたることを信ず。しかれども其の精神を探求すれば、英国の憲法の主義もよほど其の中に包含せられたり」

 最後に再び強調するが、天皇の裁可と公布は憲法改正が有効になるための必要条件であって、十分条件ではない。天皇の裁可が、立法行為が有効になるための十分条件になれば、天皇は憲法の手続きに違反して憲法を改正し或いは法律を制定することができ、我が国は立憲君主国ではなくなってしまうのである。


<関連ページ>

・日狂狙ら日本壊滅を企む死ね死ね団(首領のミスターKはチベット弾圧の張本人)が悪用する日本イジメの根源たる憲法9条を捨てないとフリー・チベットの応援前に日本が滅びてしまうふらふら

環境権と憲法改正 憲法義解第二十条解説改正案

占領憲法無効・正統憲法復原の積極的意義

裕仁天皇の昭和史―平成への遺訓-そのとき、なぜそう動いたのか

・読み終えたら、ぜひともブロガーに執筆意欲を与える1日1押人気ブログランキングをクリック願います。


↑↑↑↑ 
占領憲法の正體を既に熟知している賢い方は一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(2) | 本当は怖い憲法のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は現行憲法は、成立過程を見ても分かるように無効な産物であると考えますが、日本の置かれた特殊状況下では現状有効であると思います。
主権を回復したといえど、大元の憲法を国際法に従い、帝国憲法に復原していないという行為は主権の一部放棄行為と解釈出来ます。
一部放棄行為をなしているということは、今現在もGHQの暗黙の占領体制にあるということです。
日本国憲法とは、どこまでも自治を許された占領地区基本法と考えた場合、有効と言えます。
現行憲法はいくら改正しようが、占領地区基本法の改正にしかなりません。
よって護憲派も改憲派も日本独立否定派と言えます。
帝国憲法違反を理由にするにしろ、国際法を理由にするにしろ、いずれも日本の国家意志の発露であり、主権の行使であります。
主権を行使しない故に有効な憲法とは、情けない代物です。
帝国憲法の復活は、日本の完全独立運動であり、なすべきことであると思います。
Posted by Suica割 at 2012年11月04日 20:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117410255

この記事へのトラックバック

図解・原状回復論は当然の道理!
Excerpt: 解説・音声版↓ http://sinnmukouronn.up.seesaa.net/image/B8BDBEF5B2F3C9FC.mp3 <marquee bgcolor=black&..
Weblog: ザ・新無効論 <無効憲法の正当化の時代はそろそろ終わりに!>
Tracked: 2009-04-14 11:01

こんな詐術で右翼に「現日本国憲法が大御心」だと思い込ませようとするとは卑劣ではないか?/小林よしのり
Excerpt: 小林よしのり氏が皇位継承問題の議論から派生して<竹田恒泰氏の「現行憲法無効論・破棄論は、天皇の御意志に反する」との発言>を批判。こんな詐術で右翼に「現日本国憲法が大御心」だと思い込ませようとするとは卑..
Weblog: ザ・真正護憲論(新無効論)<大日本帝国憲法は現存しています!>
Tracked: 2009-12-08 17:59