2008年12月22日

甦る高橋是清-国民に負担を掛けない景気対策案の台頭

 昨日、所長は久しぶりにやしきたかじんのそこまでいって委員会を視聴した。視聴したといっても最後の10分間だけだが、何とあの三宅久之氏が「高橋洋一さんと丹羽春喜さんがいっていることだけども、政府はコインを造ることができるのだから、使用期限付きのお金を造り、国民に1人当たり50万円を支給すべきだ。需給ギャップがあるのでインフレなんか起きません」と発言し、宮崎哲弥は「三宅先生の仰ることは経済学的に全く正しい」と絶賛していた。

 また週刊ポスト新年合併号が「新一万円札大量発行で全国民に20枚配る」ルーズベルト札、高橋是清札のごとく景気と雇用が蘇る、これが平成の救国札25兆円日本再生計画だ!」という記事を載せている。

<「2009ニッポン」近未来大予測>PARTⅠ「新1万円札大量発行で全国民に20枚配る」これが「平成の救国札25兆円」日本再生計画だ!

 1930年代の“ルーズベルト札”“高橋是清札”の如く、景気と雇用が甦る。赤字国債も増税も必要ない「新紙幣」構想を提唱する―

 史上初のゼロ金利を選択し、新しい大統領が誕生する米国から、烈しい「変化」の波が日本に押し寄せてくる。国民の生活と仕事を守る指針とは、いったいどこにあるのか。それらのヒントは、過去とりわけ歴史の中に見出すことができる。
 1929年の世界大恐慌に直面し、比類なき通貨政策で国を救ったルーズベルト大統領と日本の高橋是清蔵相。先人たちに学ぶ「リーダーシップ」「決断」の先にこそ、日本が選ぶべき「09年」がある―。


 これには高橋洋一氏と数人の経済家が登場し、政府が通貨発行権を活用して財源を作り出し、もうすぐ寿命を迎える公共インフラを建て替える「日本列島再生計画」や国民が負担する社会保障費の減免措置を実施することを提唱し、悪性インフレの懸念が杞憂に過ぎないことを解説している。

 所長がこの記事を立ち読みして驚いたことは、高橋洋一氏によると、2004年に政府財務省は国民に負担を掛けずに財源を確保する政府貨幣発行権の活用を検討し、特に問題なしという結論を出したそうだが、竹中平蔵が実施を見送ったという。

 亀井静香の暴露によると、自民党は、日銀引受による無利子無期限の国債発行という財源(50兆~100兆円程度)を研究し、特に問題なしという結論を出したそうだから、政府自民党は、増税の不要を知りながら、故意にデマを飛ばし、構造改革という名のデフレ不況政策を延長し、日本経済を痛めつけ、一般国民を苦しめ、多くの国民を自殺に追い込んできたのであるちっ(怒った顔)。田母神空幕長の歴史エッセイより、政府自民党の不況政策の方がよほど糾弾されるべき深刻な問題であろう。

BUFFALO Wi-Fi Gamersと接続すると面白さ倍増の飽きない傑作バトルDSカタログから…

闇の巫女と神々の指輪
エルミナージュ DS Remix ~闇の巫女と神々の指輪~
自らの身は顧みない田母神俊雄は正しいのじゃ!見よ、無学(学ばざるモノ無し)の神は、日本国に予言された、誇りなき国家は、滅亡すると…」

【不況を乗り切る便利な情報】

執筆依頼の急増の為、ライターを急募!主婦!学生!誰でもOK!企業の新商品発売や新サービス開始などのニュースリリースを、ブログで紹介するだけで、原稿料がもらえるブログルポの「ブログライター」

月収50万以上も夢じゃない!未経験者大歓迎!週決めシフトでPCオペレータのバイトを元手に!
 借金ナシで激安アパート経営を始めて不動産投資でつとめ人を卒業する方法ありますひらめき

・来年はアメリカから景気が回復しそうな気がする方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。


↑↑↑↑ 
一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:41| Comment(7) | TrackBack(1) | もろもろ時事評論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
私も、景気対策として国民に50万円くらいばらまけと言いたいです。やはり期限付きがいいですね、貯金に回ったら意味がないですからね。
しかし、内需拡大による景気回復が急務なのに、消費税率引き上げとか言っている連中は一体なんなのでしょうね?
消費に冷や水を浴びせて社会保障費の財源を確保するって、頭がおかしいとしか思えません。
Posted by saratoma at 2008年12月22日 22:46
 saratomaさん、与謝野馨ら消費税率引き上げとか言っている連中は、経済的白痴でなければ、反日の隠れ共産主義者ではないでしょうか。

 自民党政権が消費税率を上げたら、日本の経済、財政、社会保障、自民党が壊滅し、左翼の天下になるでしょうから。
Posted by 便利屋こと所長 at 2008年12月23日 23:09
与謝野馨は反日隠れ共産主義者ですか…。
そういえば、与謝野は分祀論者で人権弾圧法も賛成していますね。
コイツは政治家はもうやめにして、歌人にでもなって欲しいです。コイツが政治家をやり続けること自体、日本にとってとんでもない害悪です。
Posted by saratoma at 2008年12月24日 02:46
//d.hatena.ne.jp/himaginary/20081205
与謝野はすこし・・・のようで
Posted by おれんぢ at 2008年12月24日 21:23
おれんぢさん

はじめまして。

もしかして、ジェレミア…というのはさておき、与謝野はすこしではなく、とってもおかしいと思います。どうしようもないですね。

しかし、残念ながら日本の保守派のブログもそんなレベルのものが多いようです。

某ブログも積極財政を批判していますが、なんともお粗末な議論です。

>今日本に必要なのは、野口氏のおっしゃる通り、輸出立国からの構造転換であろう。

この人、日本の輸出依存度を知らないのですかね。日本はもともと輸出立国ではないのに、輸出立国からの構造転換が必要なのだそうです。

日本は内需主導で経済成長を実現してきたのであって、その内需が落ち込んでいるからデフレ不況に陥っているわけです。

今の日本に必要なのは、消費税を廃止するなど消費性向を高める政策を行うとともに、公共事業で景気を下支えすることでしょう。

便利屋こと所長さん

貴ブログにて持論を長々と書いてしまって申し訳ございません。

自分のブログを再開してもいいのですけどね。なんとなく、ブログを再開しろというフェムト波動を感じるような気がします(笑)。

でも、今ブログを書いたら、瀬戸さんに対する不平、不満ばかりを書き連ねてしまいそうなのですよね。
Posted by saratoma at 2008年12月25日 02:46
 おれんぢさん、コメント有難うございます。

 saratomaさん、ぜひブログを再開してください。

>今ブログを書いたら、瀬戸さんに対する不平、不満ばかりを書き連ねてしまいそうなのですよ。

 間違っているのはsaratomaさんではないのですから、正々堂々と彼らを批判すべきでしょう。

>今日本に必要なのは、野口氏のおっしゃる通り、輸出立国からの構造転換であろう。

 野口悠季雄は外需減少を補うため「日銀引き受けで25兆円支出増」という思考実験――パンドラの箱を開ける」というコラムhttp://diamond.jp/series/noguchi_economy/10002/を書いて、

 「いかに緊急の有効需要拡大が必要とはいえ、上で述べたような無駄遣いが望ましくないことは、明らかである。公共事業成金が輩出する半面で年金生活者が困窮する社会は、考えるだけでおぞましい。

 しかし、仮に拡大する財政支出を国民生活の水準向上に資する用途に振り向けることができるなら、日本社会を変革することができる。その意味で、いまはまたとないチャンスである。

 キャッチフレーズ的に言えば、日本版ニューディールである。

 内需拡大によって国民生活を豊かにする経済政策は、1980年代の前川レポートの時代から必要だったことだ。21世紀になっても、依然としてそうだった。
 本当に必要だったのは、公共事業を圧縮することではなく、逆に着実に内需を拡大してゆくことだったのだ。」

と書いていますが(笑)。

 いつのまにか、あの野口すら積極財政論者のケインジアンに転向しています(笑)。
Posted by 便利屋こと所長 at 2008年12月27日 20:30
こんばんは。

野口氏も積極財政派に転向ですか。結構なことではないですか(笑)。

ブログですが、再開するのが怖い、というか抵抗があるのですよね。

例の件で、ネトウヨというのは、確たる根拠がなくてもあれだけの騒動をやってのける人たちなのだとわかってしまいましたから。

でも、それでは何の根拠もないのに韓国起源だと言い張るウリジナルと同じですし、瀬戸さんが言っているから正しいというのなら、池田大作が言っているから正しいというのとまったく同じ発想なのです。

つまり、韓国や創価学会を痛烈に批判しながら、いつの間にか自分たちが韓国や創価学会と同じようなことをやってしまっているのです。

それでブログを書く意義を見失ってしまったのです。

それに、私は教祖様になるつもりは毛頭ございませんので、無批判に私の言っていることを鵜呑みにされても困りますしね。

ただ、やはり今の日本の状況からすると、黙り続けているのがつらいというのはありますよね。

書き続けるのも、正直、つらいときがありますが。

連日のように長々と書きこんでしまって、申し訳ございません。
Posted by saratoma at 2008年12月29日 02:06
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

【メリクリ】麻生総理にクリスマスカードを送るオフ
Excerpt: ※クリスマスカード画像は全て該当スレより拝借致しました。 更新直前に見た2ch大規模OFF板でフリチベ(フリーチベット)方面のスレが何やら騒がしく なってきたのでそ..
Weblog: 帝國ブログ
Tracked: 2008-12-23 20:06
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法