2008年08月17日

NHKスペシャル「調査報告日本軍と阿片」という報道犯罪

 NHKが得意の虚報の詐術(重要な史実を故意に隠蔽し、読者および視聴者の思考を操作し洗脳すること)を再び使用した。もはやこれは報道犯罪である。

 NHKも朝日および毎日と本質的に全く変わらないと思う方は、ブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

  昭和12年(1937年)に勃発した日中戦争―。広大な中国で、日本は最大100万もの兵力を投入し、8年に渡って戦争を続けた。武力による戦闘のみならず、物資の争奪戦、ひいては金融・通貨面でも激しい闘いを繰り広げた。
 「戦争はどのようにして賄われたのかー」。最新の研究や資料の発掘によって、これまで全貌が明らかにされてこなかった中国戦線の「戦争経済」の様々な側面が浮かび上がっている。その一つとして注目されているのが、当時、金と同様の価値があるとされた阿片(アヘン)である。

 19世紀以降、イギリスなど欧州列強は、中国やアジアの国々に阿片を蔓延させ、植民地経営を阿片によって行った。アヘンの国際的規制が強化される中、阿片に“遅れて”乗りだしていった日本。日本の戦争と阿片の関わりは、世界から孤立する大きな要因になっていたことが、国際連盟やアメリカ財務省などの資料によって明らかになってきた。
 
 また、これまで決定的なものに欠けるとされてきた、陸軍関係の資料も次々に見つかっている。軍中央の下で、大量のアヘンを兵器購入に使っていた事実。関東軍の暴走を阿片が支えていた実態。元軍人たちの証言からも、日本軍が阿片と深く関わっていた知られざる実態が明らかになってきた。

 番組では、日本と中国の戦争を、経済的側面からひもとき、知られざる戦争の実相に迫る(NHKスペシャルの説明)。


 今ごろ日本が阿片と深く関わっていた知られざる実態が明らかになってきたというのは、大仰なウソである。日本が満州および支那大陸において、台湾統治で絶大な成果を挙げた阿片漸減政策の一環である阿片専売を実施していたことは、少なくとも歴史学徒の間では周知の史実であり、誰でも入手できる東京裁判 日本の弁明―「却下未提出弁護側資料」抜粋にも出ている。

 東京裁判には偽証罪の規定がなく、検察側は溥儀をはじめ検察側証人に明らかな虚偽証言を行わせたり、法廷に出ない証人の調書を法廷に提出しており、被告弁護側は、検察側証人に対して反対尋問を行う機会を奪われ、さらに弁護側が用意した証拠資料の大半を却下され、それらを法廷に提出する機会さえ奪われていた。

 だから検察側の主張と検察側証人の証言は必ずしも真実とは言えない。

 それなのにNHKスペシャル「調査報告日本軍と阿片」は、東京裁判の場面において、検察側の主張と、検察側証人として法廷に立った興亜院所属「宏済善堂」元副理事長である里見甫の証言(里見自身はA級戦犯容疑者として一旦巣鴨プリズンに収容されたが、無罪放免になったようである)のみを報道し、以下の被告弁護側の反駁を華麗にスルーした。
 何度でも言うが、もはやこれは悪辣非道な報道犯罪であり、視聴者洗脳以外の何物でもない。

 東京裁判における清瀬一郎弁護人の冒頭陳述(昭和22年2月24日、第166回公判) 結果 部分却下(一部朗読禁止)
 
 検察官は、被告は経済侵略について責を負うべきものといたしております。弁護団は中国において何ら経済侵略はなかったことを証明するものでありましょう。さらにまたいずれにするもの、経済的の侵略はそれ自体犯罪ではありませぬと主張いたします。

 麻薬に関する検事の主張につき上申いたします。検事の主張は、日本は一方において麻薬を中国に販売することによって中国人の戦意を挫き、他方においては、これによって戦費を得たというのであります。
 裁判所の注意を願いたきことは、わが国はかつて台湾においてアヘン吸飲者を漸減した特殊の経験を持っていることであります。

 台湾においてーその日本の統治下にあった時代には、アヘン専売及び統制を布きまして、これによってアヘンの取り引きを禁じ、漸次アヘン患者の数を減少させました。
 中国では主としてその西洋との交通の結果、アヘンの吸飲は古くかつ広く行われた慣習でありますが、日本はできうる限り今申し上げた経験を中国に利用したのであります。


 日本軍は中華民国の主要都市および広大な地域を占領した以上、ハーグ陸戦法規第43条「国の権力が事実上占領者の手に移りたる上は、占領者は絶対的の支障なき限、占領地の現行法律を尊重して成るべく公共の秩序及生活を回復確保する為施し得べき一切の手段を尽くすべし」を遵守する義務を負ったのだから、占領地の阿片禍を放置する訳にはいかなかったのだろう。

 だいたい日本の政府および軍が阿片専売で得た程度の利益が日本の戦争遂行を支えることができるはずもなく、だからこそ日米開戦前には既に我が国は消耗しきっており、支那派遣軍総司令官の畑俊六元帥自身が対米開戦に猛反対し、あえてこれを強行するならば支那戦線を大幅に縮小して我が国の戦力および国力の弾発力を回復する必要性を大本営に具申したのだろうに。

 また数十万数百万もしかしたら一千万単位の日本人がNHKの虚報の詐術に引っ掛かったのだろう。テレビマスゴミが編集権という凶悪な権力を掌握している以上、誰もテレビマスゴミが駆使する虚報の詐術を止められない。

アヘン患者を炭坑動員 旧日本軍、満州で計画

 日中戦争当時、旧日本軍が中国東北部の旧満州国でアヘンの生産と販売を独占した上、治療した中毒患者の中国人を炭坑現場などで労働者として動員する計画を進めていたことが、愛知県立大(愛知県長久手町)の倉橋正直教授(65)=東洋史=の研究で分かった。

 倉橋教授によると、アヘンの専売は国際条約違反だったが、日本は旧満州国の農村部でアヘンを生産させ、都市部で販売。その収益で占領地支配の財政や軍事費を支える仕組みを作っていた。

 教授は中国吉林省の公文書館「档案(とうあん)館」で「関東憲兵隊資料」を発見。同資料を分析した結果、旧満州国内の18省116施設で治療を受けさせた中毒患者を、軍関連の労働現場で働かせる大規模な就労計画を立てていたことを裏付けた。

 資料は1945年6月末の作成。「建設向け」「鉱山労働向け」などに分類された3万人分の人員配分表もあり、旧日本軍が終戦間近の時点でも、旧満州国の110万人とされるアヘン患者を重労働の現場に動員しようと意図していたことを浮き彫りにした。
 37年に始まった日中戦争の長期化に伴い、旧満州国は戦線の後方基地として、軍事物資と労働力の供給が課題となっていた。

 倉橋教授は「戦時とはいえ、日本が国家政策としてアヘンに手を染めた実態を直視してほしい。日本は薬物汚染の加害者であったことへの反省を被害国に示さなければいけない」と話している。
 研究成果は、倉橋教授が今月刊行した著書「阿片(あへん)帝国・日本」(共栄書房)にまとめられた。

 中国政治史に詳しい西村成雄放送大教授の話 公的な資料に基づいた事実解明で評価できる。当時の日本による東アジア諸国への独善的な国家政策を認識することは今後、日本がこの地域でどう行動すべきかを考えるためにも有益だ(アヘン患者を炭坑動員 旧日本軍、満州で計画 中日新聞2008年8月17日 朝刊)。


 1945年6月の時点で満州国には、なお110万人ものアヘン中毒患者がいたからこそ、満洲国政府および関東軍はアヘン漸減政策の一環であるアヘン専売を継続していたのだろうに。
 もし当時アヘン専売制が廃止されたら、アヘンの生産と販売がアングラ化してアヘン中毒が却って拡大してしまう危険性は想像するに難くない。

 そして関東軍が旧満州国内の18省116施設で治療を受けさせたアヘン中毒患者を軍関連の労働現場で働かせる大規模な就労計画を立てていた…。これはアヘン中毒患者を放置しておくことよりも、はるかに善政ではないか!

 それなのに何故「戦時とはいえ、日本が国家政策としてアヘンに手を染めた実態を直視してほしい。日本は薬物汚染の加害者であったことへの反省を被害国に示さなければいけない」のか!!

 この倉橋と西村の両教授は、我が国のアヘン漸減政策を知らないに違いない。悲しいことに、我が国の人文系大学教授には、コネさえあれば、アホでも誰でも就任できるということなのであるもうやだ〜(悲しい顔)


<関連記事>

・大日本帝国の阿片専売制が悪逆非道なら以下の現象は有り得ないだろうに…台湾の山地の先住民を訪ねれば、日本語が共通語になっていて、年配者に会えば日本時代を誇らしげに語る台湾と日本・交流秘話
台湾と日本・交流秘話 (歴史・旅ガイド)

アヘン漸減政策の一環であったアヘン専売制度

NHKドキュメント「日中戦争」の凄まじい偏向

・朝日新聞の大失態!関東軍総司令部が43年7月に作成した「関東軍特種工人取扱規程」

パル判決が語る慰安婦強制連行説の虚構

 NHKも朝日および毎日と本質的に全く変わらないと思う方は、ブロガーに執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。


↑↑↑↑ 
マスゴミが報道できない大東亜戦争の真実と、NHK、朝日、毎日、聖教(創価)ら特亜系反日勧誘員を退散させる奇跡の旗【ミニフラッガー MF2000】わーい(嬉しい顔)を広めてくれる方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:59| Comment(6) | TrackBack(4) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 この教授たちとNHKはグルだと思います。映画靖国の時もそうでしたが、今の日本の主要な所は左翼に押さえられています。
Posted by 八目山人 at 2008年08月18日 22:10
 八目山人さん、おそらく中共の指令を受けているのでしょう、連中は。
Posted by 便利屋こと所長 at 2008年08月18日 23:09
便利屋こと所長さん、はじめまして。
こんにちは。

北京より愛をこめて―中国大陸、恐怖の麻薬戦略 (1978年)
落合 信彦 (著)
出版社: サンケイ出版 (1978/12)
ASIN: B000J8KSH8
発売日: 1978/12

もし、お時間があれば、図書館で検索されて、一読されると戦後の中共が外貨をどのように稼いでいたかが分かります。
文体は、第3者を装っていますが、本人が潜入取材した模様。
ケシの栽培は、中国人によって、ずーっと続いていた。
Posted by フォロンフォロン at 2008年08月19日 20:57
大変参考になりました。
農民にケシ栽培を強制しておいて金を巻き上げて政府の予算や軍隊の戦費にするのは、支那政府や支那軍が大々的に行っていたことです。
日本軍は、そのような支那のシステムの一部を一時的に受け継いでいたにすぎなったことは、台湾の例を見れば明らかです。
NHKは、酷いです。

Posted by deliciousicecoffee at 2008年08月20日 21:32
 フォロンフォロンさん、deliciousicecoffeeさん、コメント有難うございます。

 要するに、NHKは、国民党と共産党がやっていたことを日本軍に転嫁して、日本人に贖罪感を植え付け、中国は日本国にゆすりたかりをかけようということですね。

 遺棄化学兵器問題と全く同じ構造です。本当にNHKには困ったものです。
Posted by 便利屋こと所長 at 2008年08月21日 23:42
8月17日放送のNHKスペシャル「調査報告 日本軍と阿片」の再放送を見ました。
NHKは支那事変以前の支那におけるアヘンの実態や、日本が台湾でアヘンを撲滅させた実績などを隠蔽しています。
NHKによる日本を貶めるための悪質な印象操作と認められたので、まずは郵便にて質問状を送りました。
TB

Posted by deliciousicecoffee at 2008年09月04日 07:09
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

【露×グ】ロシアの現在の行動はどうにも腑に落ちません。
Excerpt: ※ただ今IEだと右側の表示がおかしいです。 ブログタイトルの下にも載せましたがウラジーミル・ウラジーミロビッチ・プーチンと言えば、 「ソ連が恋しくない者には心がない。ソ連に戻りたい者には脳..
Weblog: 帝国ブログ
Tracked: 2008-08-19 05:50

NHKスペシャル「調査報告 日本軍と阿片」(8月17日放送)への見解・支那政府や支那軍にとって阿片は貨幣の代替品・NHKへの抗議文書は再放送『8月29日金曜深夜(土曜午前)1時45分~』を見て判断
Excerpt: <font size=5,color=blue>8月17日(日) のNHKスペシャルで、「調査報告 日本軍と阿片」と題する番組が放送されたことがネット上で話題になっている。 NHKの..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2008-08-20 21:32

台湾・烏來郷へ
Excerpt: この夏、念願だった台湾・烏来(ウーライ)郷にある高砂義勇隊慰霊碑を訪ねた。 滞在中の住処は台北市の中心、南京西路にある柯旅...
Weblog: もののふのこころ
Tracked: 2008-08-29 22:44

日本軍と阿片・NHKスペシャル「調査報告 日本軍と阿片」8月17日放送(8月30日再放送)に質問状を郵送・支那事変以前の支那のアヘン実態や日本の台湾でのアヘン撲滅実績を隠蔽した狡猾で悪質な印象操作
Excerpt: <font size=5,color=blue>8月30日、8月17日放送のNHKスペシャル「調査報告 日本軍と阿片」の再放送を見た。 かなり狡猾な印象操作なのでツッコミ難かったが、..
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2008-09-04 07:09
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法