2019年05月10日

米中関税戦争の行きつく先は一党独裁体制の崩壊

 米中両政府は9日(日本時間10日午前)、米ワシントンで閣僚級の通商協議を再開したものの、米中の立場には隔たりがあり、アメリカのトランプ政権は米東部時間10日午前0時1分(同10日午後1時1分)、米国が輸入する年間2000億ドル(約22兆円)相当の中国製品に対する追加関税率を予定通り10%から25%に引き上げた。

 筆者が思うに、米中の隔たりが示すアメリカ政府の最終目標は、アメリカの戦略、外交、軍事などの専門家や元政府高官が約50人、加えて上下両院の有力議員たちが名を連ねる「Committee on the Present Danger: China(CPDC)」(現在の危機に関する委員会:中国)に同調し、中国共産党の一党独裁体制を崩壊させることであろう。

 司法権の独立を否定する一党独裁国に囚われる愚劣な日本の企業人を減らすために終わりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(0) | もろもろ時事評論 | 更新情報をチェックする

2019年05月02日

軍法会議を開けない自衛隊は軍隊ではない(大日本帝國憲法第六十條)-明治流憲法学奥義秘伝の原稿

 戦場では国内法規に基く行政および司法と公共設備(インフラ)は必ず機能麻痺に陥る。だから戦場で国際法規に基いて戦闘を行う軍隊は行政および司法と公共設備から独立して活動するための自己完結能力を持たなければならない。それゆえ軍隊は自己完結能力の一環として軍事警察(憲兵隊)と軍法会議を運用し、自ら軍法違反者を逮捕、起訴、審判、処罰し、もって軍紀の厳正を保持するのである。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 00:00| Comment(0) | 本当は怖い憲法のはなし | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

青山繁晴のパクリ疑惑-皇統を護るための重大情報を金儲けの道具に利用する守銭奴

 田辺敏雄さんと並ぶ国宝級の歴史家でありジャーナリストである水間政憲さんが青山繁晴に議員辞職を要求しています。それを以下に全文転載させていただきます。

 以下の情報を有権者に知らせるために、終わりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(0) | もろもろ時事評論 | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

小西洋之の無恥蒙昧な猿芝居-シビリアンコントロール不能国家

 参議院会派の立憲民主党・民友会に属する小西洋之(東大教養学部卒)は2018年5月8日のブログ記事「幹部自衛官 暴言事件、最終報告書の暴挙について」で次のように書いた。

2.防衛大臣や統合幕僚長の監督責任を不問

○ この報告書は、幹部自衛官を懲戒に至らない訓戒処分とした上で、こうした暴言を許した防衛省・自衛隊の監督責任について一切不問としている。

○ 監督責任の追及と断固たる処断こそ、最大の再発防止策の一つである。国会議員によるシビリアンコントロールを否定し破壊しようとした空前絶後の暴挙に対して、小野寺大臣と河野統合幕僚長は即刻辞職すべきである。
 それがなされなければ、我が国のシビリアンコントロールは脆弱極まりないものとなり、将来において自衛隊によるクーデターが起きる危険を解き放つものと考える


 小西が本気で以上の様に考えているならば、自ら音頭を取って野党を動かし、陸軍刑法第一章を自衛隊法に移植し、自衛隊法に「国会議員ヲ其ノ面前ニ於テ侮辱シタル者ハ三年以下ノ懲役又ハ禁錮ニ処ス」を加え、さらに進んで自衛隊法の厳罰化を行うべきだが、もちろん小西はそれを行わない。だから以上の小西の主張は猿芝居に過ぎない。

 国会議員のシビリアンコントロールはまさにバカの一つ覚えになっていることを理解した方は、GHQに呪われた日本国憲法の欠陥を有権者に知らせるために、終わりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(0) | 日本の防衛を考えるコラム | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

青山繁晴という虚人-戦史修正のお知らせ

 文は人なりという。青山繁晴著「ぼくらの祖国」は実に読みやすい。その文字は大きく、その行間は広く、その内容は浅いからである。7年前ぐらいだったか、筆者は本屋で「ぼくらの祖国」を立ち読みしてみたら、15分もかからずに読み終えてしまった。その値段は税込み1680円だったので、筆者は「何やこれ、ぼったくりやないか!」と内心で憤った。

 所謂移民法(改正入国管理法)の審議における青山の言動は、青山繁晴が「ぼくらの祖国」に似た虚人であることを証明してしまった。移民法はぼくらの祖国たる日本国に厄災をもたらす悪法だから、青山はこれに反対していたのに、最後には党議拘束に従い、移民法に賛成票を投じた。ひたすら虚飾を着け虚勢を張るだけが青山の能力であった。

 青山は自民党から除名されても生活に困らないだろうに、自分の信条と名誉をかなぐり捨ててまで、自民党の決定に従った。何という愚劣な男であろうか。類は友を呼ぶ。青山も安倍晋三と同じく、国益より党利党略を優先する見掛け倒しの上げ底保守で公選議院の弊害を体現するルーピーである

 参議院は貴族院の後身として政党の偏重を抑制しなければならないのに、青山のような人物が自民党に招聘された論客として鳴り物入りで参議院議員になっていることこそ、マッカーサー占領軍憲法が国会の分割と権能の配分を根本から間違っている証拠である。

 そこで筆者は国民のための大東亜戦争史96~98大東亜戦争の本質を次のように加筆修正しました(強調部分が加筆修正箇所)。

 青山繁晴は保守ではなく保身、自由民主党は公選議院の弊害そのものだと理解した方は、GHQに呪われた日本国憲法の欠陥を有権者に知らせるために、終わりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:59| Comment(0) | 本当は怖い憲法のはなし | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

右翼流一億玉砕は教育勅語蹂躙

 昭和8年(1933年)6月8日に日本共産党最高幹部の佐野学と鍋山貞親によって発表された転向声明の影響力は甚大で、両名に追随して転向する共産党員が続出した。満洲共産党事件の首魁である松崎簡もまた公判中に自身の転向を明言した。

 終わりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:00| Comment(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

朝鮮ウリスト教の由来

 朝鮮総督府統計年報によると、略取・誘拐での検挙数は1935年は朝鮮人2,482人・日本人24人、1938年は朝鮮人1,699人・日本人10人、1940年は朝鮮人1,464人・日本人16人、1942年は朝鮮人746人、日本人1人となっている。戦時中の朝鮮半島で略取・誘拐の罪を犯していた者は主に朝鮮人であり、朝鮮総督府は彼らを厳重に取り締まっていたのである。

 それはさておき、昭和17年(1942年)の朝鮮総督府統計年報によると、昭和17年の朝鮮半島では、神社数63、神職数120、神道(神社を除く)講義所数327、神道布教者694、神道信徒数91872、寺院数138、仏教布教者数1085、仏教信徒数607082、キリスト教会数5497、キリスト教布教者数4304、キリスト教信徒数382839であり、キリスト教で最も大きい勢力は朝鮮耶蘇教長老会であった。1942年当時の朝鮮のキリスト教勢力は、信徒数では仏教勢力に劣るが、それ以外では、仏教と神道を圧倒していた。

 1919年の3・1独立運動の際も、独立宣言を読み上げた朝鮮民族派33人のうち16人がキリスト教徒で、15人が東学党の流れを汲む天道教信徒で、仏教徒は僅か2人であった。これは李氏朝鮮が仏教を徹底的に弾圧した影響だろうが、なぜ朝鮮半島ではかくもキリスト教勢力が強大であったのか。筆者は最近まで皆目わからなかったのだが、その理由は戦前の新聞に出ていた。

 日本のキリスト教勢力に浸透している無限のルーピーズこと反日左翼勢力の邪悪なマインドコントロールから日本国民を解放する無料の貴重な第一次史料集を有権者に知らせるために終わりブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:00| Comment(1) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

満洲共産党事件

 1920年代には、エロ・グロ・ナンセンスが大流行し、国民の道徳倫理は衰微し、これに乗じたマルクス・レーニン主義の宣教師たちが若い学生世代を虜にして、教育勅語の全徳目に反逆するマルクスボーイやマルクスガールを大量生産していた。この一端を示す出来事が、満洲事変勃発直後に発生した満洲共産党事件である。

 これは、事変の混乱に乗じて満洲の共産化を画策した満洲共産党(日本共産党満洲地方事務局)が警察に一斉検挙された事件である。当時の新聞記事が示す限り、満洲共産党員は明らかに次のコミンテルン28年テーゼ(帝国主義戦争に反対する闘争と共産主義者の任務に関するテーゼ、詳細は【近衛上奏文解説】参照)を信奉していた。

 「共産主義者の帝国主義戦争反対は、一般平和主義者の戦争反対運動とその根底を異にしている。我々はこの反戦闘争をブルジョア支配階級覆滅を目的とした階級戦と不可分のものとしなければならない。蓋しブルジョアの支配が存続する限り帝国主義戦争は避け難いからである。

 帝国主義戦争時に於ける共産主義者の政治綱領は、ボルシェビキ党がレーニンの指導下に、第一次帝国主義大戦に反対する英雄的闘争の中で作成し、適用したものと同じ綱領である。

(1)自国政府の敗北を助成すること。

(2)後方における大衆の革命的行動と前線における交歓とを手段として、帝国主義諸国家の戦争をブルジョアジーに反対し、プロレタリアートの独裁をめざし、社会主義をめざすプロレタリアートの内乱に転化すること。

(3)帝国主義戦争の条件の下では、民主的方法による正義の平和は、主要な交戦諸国のブルジョア打倒とプロレタリアートによる権力の奪取なしには、不可能なるが故に、中心スローガンは平和ではなく、プロレタリア革命でなければならない。共産主義者は、平和に関するあらゆる空文句に対して精力的に戦わなければならない。」

 教育勅語に濡れ衣を着せる無限のルーピーズこと反日左翼勢力の邪悪なマインドコントロールから日本国民を解放する無料の貴重な第一次史料集を有権者に知らせるために終わりブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:00| Comment(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

戦後世代が気付かない教育勅語の欠陥

 教育勅語には深刻な欠陥があるが、戦後民主主義洗脳狂育を受けた世代はこれを悟り難い。筆者自身も仏教遭難史論(羽根田文明著/1925年刊)を読むまで全くこれに気付かなかった。これはまさに盲点である。しかし戦前の日本人は明治末には教育勅語の欠陥に気付き、善後策を論じていたのである。

 教育勅語に濡れ衣を着せるルーピー反日左翼勢力の邪悪なマインドコントロールから日本国民を解放する無料の貴重な第一次史料集を有権者に知らせるために、終わりブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(2) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

毎日新聞など白痴であるデモクラシーの敵である!これでも国家と呼べるのか

 かつて韓国の金泳三大統領が我が国に無礼な内政干渉を行ったばかりか日本国民の思想信条良心の自由を否認した際、毎日新聞は金泳三大統領を全面擁護した。小室直樹は「これでも国家と呼べるのか」で金泳三と毎日新聞を断固糾弾し、「毎日新聞など白痴である、デモクラシーの敵である」と断言した。この他の提言や警告もことごとく的中した。まさに小室直樹の予言「現実はやがて私に追いつくであろう」が的中したのである。

・毎日新聞社を倒産に追い込むために、終わりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 08:00| Comment(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

日本政府の対抗措置は法の支配に反しない-橋下徹の無教養

 日本政府は9日、韓国人元徴用工訴訟の原告側が差し押さえ済みの日本企業の資産を売却した場合、企業に実害が生じたと見なし、対抗措置を発動する方針を固めた韓国経済に同等の損失を与える措置とする考えで、韓国産の一部物品に対する関税の引き上げを軸に検討している。

 関係者によると、日本政府は対抗措置として既に100前後の選択肢をリストアップし、関税引き上げに加え、一部日本製品の供給停止や、ビザ(査証)の発給制限も浮上している。世界貿易機関(WTO)協定との整合性や日本経済への影響も考慮し、措置の内容を決めるという(時事ドットコムニュース)。

 日本政府が準備している対抗措置は、国際法上の平時復仇である

ふっきゅう【復仇 reprisal】

 相手国の違法行為によって自国の権利が侵害され,かつ外交交渉その他の平和的手段でも救済を求め得ない場合,合法的に行使できる強力的自力救済手段の一つ。権利回復に必要な限度内において合法である。条約の停止,相手国の国民や貨物の抑留,封鎖などから領土を占領することもある。現在では武力行使による復仇は認められない。なお,近年では〈対抗措置〉の概念が用いられることが多い(百科事典マイペディア)。

 国際法上の違法行為に対する自力救済として,相手国の違法行為によって被る苦痛または損害とほぼ同程度の苦痛または損害を相手国に対して強制手段を用いて加えることをいう。平時復仇と戦時復仇とに大別される。復仇行為は自力救済行為であって,公の救済制度が確立している国内社会では原則として禁止されているが,そのような制度が存在しない国際社会においては,本来的には国際違法行為を構成する行為であっても,復仇が国家によって個別的に相手国の違法行為に対する自力救済として行われる場合には,その違法性が阻却されるのである(世界大百科事典 第2版の解説)。

 国際法上の違法な行為によって権利を侵害された国家が、加害国に対してその中止・救済を求めるために行う自救行為。このような行為は、本来ならばそれ自体違法なものであっても、その違法性が阻却される。

 それに対して、国際法上は違法ではなく単に不当な行為に対してその中止を求めて行われるものは、報復retorsionといわれ、復仇とは区別される。報復の場合には、違法行為を用いることはできない。

 復仇の手段としては、条約の履行停止、相手国国民・船舶・貨物の抑留、平時封鎖、相手国領土の占領などが行われてきたが、現在では武力の行使を伴う復仇は禁止されている。たとえば、1970年に国連総会が採択した友好関係宣言は、「国は、武力の行使を伴う復仇行為を慎む義務を有する」としている。このほか、戦時において敵国の交戦法規違反に対して、その中止を求め、または対抗するために行われる自救行為を、とくに戦時復仇という。このような行為は、本来は交戦法規に違反するものであっても、違法性が阻却される。もっとも現在では、文民、傷病兵、捕虜などを対象とする復仇は禁止されている(日本大百科全書ニッポニカの解説)。
 

 国際社会は、我が国の戦国時代に類似し、かつ戦国時代よりも過酷な社会である。なぜならば主権国家の水平的併存状態にある国際社会には、主権国家の上位に位置して主権国家を統制する「朝廷」や「幕府」に該当する公的組織が成り立たないからである。だから国際法は国際社会の構成員たる主権国家の自力救済措置として復仇を容認するのである。

 したがって韓国人元徴用工訴訟の原告側が差し押さえ済みの日本企業の資産を売却した場合、日本政府が韓国へ直ちに平時復仇すなわち対抗措置を発動することは、国際法に違反しない。当然ながらマッカーサー占領軍憲法(GHQ製日本国憲法)第98条2項にも違反せず、対抗措置を発動するための法律も行政命令も違憲にならない。日本政府の韓国への対抗措置は法の支配に全く反しない。

 それなのに橋下徹は以下のようなことをツイッターに書いた後、撤回した。

 橋下徹は国政に参加してはいけない危険人物であることを有権者に知らせるために、終わりブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:00| Comment(0) | つまらない国際法の雑談 | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

王子様改名とオスプレイ原価15万円男-戦後民主主義洗脳狂育の絶望

 赤池王子様さん(18)が王子様を肇(はじめ)に改めた。赤池さんは、親とお坊さんに相談してお坊さんから「はじめ」を提案され、高校の倫理の教科書に出てきた経済学者の河上肇から「肇」の漢字に決めたそうだ。

 肇(はじめ)は良い名だが、インターネットを駆使して河上肇の素性を調査できる18歳の若者が事もあろうに河上肇にあやかるとは、筆者には衝撃的である。
 親からキラキラネーム(DQNネーム)を付けられた哀れな子供は無数にいるが、そのうちの一人がテレビに出演し、高校の倫理の教科書に出てきたオウム真理教団の麻原彰晃にあやかって名前を「彰晃」に改めましたと嬉しそうに述べたら、テレビ番組の出演者も視聴者も大きな衝撃を受けるに違いない。筆者の衝撃はそれと同じである。

 河上肇は日本随一の共産主義者であり、近衛文麿の師匠であった。近衛は河上に師事してマルクス・レーニン主義に染まり、自分のブレーントラスト昭和研究会に朝日新聞出身のソ連スパイ尾崎秀実をはじめ天皇尊重を偽装した共産主義者を集め、尾崎のいう東亜新秩序-東アジア共産主義社会の実現を目指して、支那事変を拡大長期化させ我が国を対米英戦へ誘導した。まさに大東亜戦争を真摯に反省する日本国民は、未来永劫絶対に河上肇と近衛文麿の師弟を糾弾し続けなければならないはずである。

 児童生徒学生を邪悪な戦後民主主義洗脳狂育から救い出すために、終わりブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 08:00| Comment(0) | もろもろ時事評論 | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

朝鮮のジャンヌダルクは何処へ?徴兵制施行に感激した朝鮮人

 韓国政府が三・一独立運動を美化し、我が国の反日左翼勢力がそれに追随すればするほど、慰安婦強制連行説の荒唐無稽さが際立つが、彼らはそれに気付かない。三・一独立運動の際に独立宣言を発表した所謂民族代表33人は、発表直後に朝鮮総督府に自首しており、また彼らの何人かは韓国の所謂親日派(売国奴)リストに名を連ねているので、韓国人は民族代表33人の代わりに柳寛順(当時17歳)を「朝鮮のジャンヌ・ダルク」として礼賛し、非常に尊敬している。

 確かに柳寛順は実在し、三・一独立運動に参加し、懲役2年6カ月の刑に服したが、それ以外の彼女の活動は全て韓国人によって創作されたフィクションである。それなのに韓国人は官憲の慰安婦強制連行に抵抗した「朝鮮のジャンヌ・ダルク」を創作しない。というより創作できないのであろう。

 もし朝鮮総督府の警察や朝鮮駐留の日本軍による慰安婦強制連行説が事実ならば、朝鮮半島において絶対に起きるはずの強制連行に対する抵抗や暴動が実在せず、当然ながらそれを先導した朝鮮人女性も実在せず、逆に絶対に起きないはずの徴兵制歓迎準備運動が実在したからである。

 慰安婦強制連行に抵抗した朝鮮のジャンヌ・ダルクを創作しないのかと韓国人に皮肉を言いたくなった方は、終わりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 08:00| Comment(2) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

李氏朝鮮に酷似する北朝鮮-朝鮮人を飢饉より救済した大日本帝国

 北朝鮮では、金日成死去後・金正日体制に移行した1994年から1998年にかけて、朝鮮戦争休戦後最大規模となる飢饉が発生、1995年夏の大水害をきっかけとして深刻化し、大量の餓死者が発生した。

 韓国の経済史学者・ソウル大学経済学名誉教授の李栄薫さんは、産経新聞のインタビューに対し、「たとえば、金日成主席の死亡1994年から1997年までに金日成の墓のために使われた資金は9億ドル(約970億円)にのぼる。その金があれば、1995年から1998年にかけ300万人が死んだとされる大飢餓の人々を救えたはずだ」と述べた。

 今から20年前ぐらいの動向という薄い月刊誌に、1997年か98年頃に北朝鮮を訪問した金正日と同姓同名の在日朝鮮人の手記が載っていた。それによると、金正日さんがお土産として持てるだけの食料を持って彼の親戚のいる村を訪問した時、彼を出迎えた村の古老が涙を流しながら「日帝時代、人が飢えて死ぬことは無かった・・・」と呻いたという。

 韓国人の自称元慰安婦の強制連行証言には、証拠資料も状況証拠も無いが、金さんを出迎えた古老の証言には、これを補強する証拠資料がある。

 日本の児童生徒学生を邪悪な反日洗脳狂育から救い出すために、終わりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 08:00| Comment(2) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

朝日に非難された百年前の日韓首脳会談-呂運享の来日

 朝日新聞(2019年2月23日)が「朝鮮側の記録」として紹介した「約7500人の犠牲者」とは、事件発生当時上海に亡命していた独立運動家の朴殷植が「伝聞」と断ったうえで『韓国独立運動之血史』に記した数字であり、信憑性は全くない。

 それなのに日本統治に抵抗した「三・一運動」100周年を前に、大統領府の民情首席秘書官(政権の事実上のナンバー3)であるチョ・グク氏は「日帝の弾圧で約2万人が殺害され、約5万人が投獄された」とトンデモない数字を出してきたそうだ(【新・悪韓論】「三・一運動」犠牲者数が一挙3倍に!? 元の数字も“伝聞”なのに・・・事学主義という「病」)。  

 もし三・一独立運動が暴動化せずに合法的な表現に止まっていたら、朝鮮総督府は独立運動を弾圧しなかったのではないだろうか。朝鮮独立運動家にして大韓民国臨時政府外交次官の呂運享が1919年11月に上海から来日し、原敬内閣国務各大臣に朝鮮の独立を訴えたにもかかわらず、呂は逮捕されなかったばかりか、原内閣によって手厚くもてなされたからである。

 日本の児童生徒学生を邪悪な反日洗脳狂育から救い出すために、終わりブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 09:00| Comment(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法