2018年06月11日

尾崎秀実の自白動機-戦史修正のお知らせ

 所長は、国民のための大東亜戦争正統抄史-東條内閣の和平努力に「61、大戦を最後まで戦い抜くために」を追加し、ここに【帝国陸軍南進論者の正体】から尾崎秀実の「東亜新秩序構想」と改造昭和十六年十一月号「大戦を最後まで戦い抜くために」を移し、以下のように加筆修正しました(強調部分が加筆修正箇所)。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
【関連する記事】
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

日本国民を不幸のどん底に陥れる日本国民

 これから天皇陛下の譲位、皇太子殿下の皇位継承、東京オリンピックの開催というおめでたい行事が続くのだから、政府はそれらを祝賀する特別記念500円硬貨を大量発行して通貨発行益を稼ぎ、それを国防強化、インフラ整備、少子化対策等々の財源に充てれば良い。そうすれば我が国の様々な問題がいくらか解決されるだけでなく、景気と税収が上昇するので、政府が2019年に消費税率を10%へ引き上げる必要は無くなる。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:00| Comment(3) | もろもろ時事評論 | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

ハリル日本代表の低迷と鹿島アントラーズの得点力不足

 ハリル日本代表の布陣4-2-3-1は、各選手の役割分担を明確化する代わりに各選手の位置を固定化してしまい、日本代表の攻撃から流動性と多様性を奪っている。

 日本代表は自陣でボールを奪うと、直ちに前線へボールを運び、大迫が複数の相手選手から受ける包囲圧迫に耐えながら必死にボールを保持し、サイドへボールを展開する。サイドのMFはドリブルで単独突破を試みるより、味方選手の支援を待ち、パス交換で対面する相手選手を突破し、相手選手の背後、敵陣の深部へ侵入しようとする。ここで日本代表の攻撃は速度を失い、その間に相手選手が敵陣に戻り守備を固める。ハリルの戦術に遅攻は無いので、日本代表は相手の守備を崩せず攻めあぐねているうちにボールを失い、自陣でボールを奪い返す。日本代表の攻守戦術は恐ろしく単調で、後半には、相手に戦術を読み切られ対策を講じられてしまう。

 ハリルは自分の戦術能力の欠如を糊塗するために、ひたすら日本代表各選手の身体能力に依存する戦術(デュエル、速攻、体脂肪率)を採り、試合終了後、日本代表の惨敗や不調の原因を各選手の身体能力の低さに求めてその責任を各選手に転嫁する。だから今のハリル日本代表の戦術には改善や進歩の兆しが全く見えない。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(0) | もろもろ時事評論 | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

日本軍人の精神は「東洋民族の誇り」戦史修正のお知らせ

 所長は、国民のための大東亜戦争正統抄史70~72陸軍統制派の陰謀に以下のような修正を加えました(強調部分が加筆修正箇所)。

 はじめに虚偽の巨塔である朝日新聞社を崩壊させる大東亜戦争史を広めるためにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 20:00| Comment(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

民主独裁の恐怖-戦史修正のお知らせ

 GHQ製日本国憲法が規定する国会は衆参両院から成る実質公選一院制である。さらに自民党が衆参両院において過半数議席を獲得し立法権を掌握すると、同時に自民党総裁が行政の長たる内閣総理大臣になるので、公選議院の弊害が国会から内閣へ波及するだけでなく、衆議院(過半数が自民党)と参議院(過半数が自民党)、国会(過半数が自民党)と自民党内閣との間で、権力分立矯正均衡関係が消滅し、自民党の一党独裁に近い選挙専制政治が成立してしまう。

 我が国の反日左翼勢力はこれを「自民党の一党独裁」と非難し、自民党総裁である「安倍晋三の独裁」と非難する。そうであるならば、日本国憲法は平時においてすら容易に一党独裁やその党首の個人独裁を許し、国権の最高機関であるはずの国会を機能不全に陥らせる最悪の欠陥憲法であり、これを美化し支持し崇拝する反日左翼勢力は、憲法学の古典的名著であるアメリカ合衆国憲法のコメンタリー「ザ・フェデラリスト」の議会分割の法理論を知らなかったGHQ民政局のニューディーラーたちと同じぐらいバカな集団か、もしくはこの欠陥憲法を悪用して「立憲民主党の一党独裁」を企む危険な集団だということになる。

 反日左翼勢力こそ歴史的にも思想的にも人脈的にも日本のナチス(国家社会主義ドイツ労働者党)だと知っている方は、はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(0) | 本当は怖い憲法のはなし | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

毎日新聞社は自らペストになった日-百人斬りとガンプラブーム

 かつて稲田朋美は毎日新聞社に大恥をかかせたので、毎日は稲田を恨み、毎日放送とTBSと連繋し、稲田朋美大臣を非難し続けて、ついに稲田朋美を次期首相候補から引き摺り下ろした。毎日は「江戸の仇を長崎で討つ」ことに成功し驕り高ぶっているからなのか、フェイクニュースの撲滅を目指す(仮称)インターネットメディア協会(JIMA)の設立準備発起人の一人である小川一(毎日新聞取締役・編集編成、総合メディア戦略担当)は、

「フェイクニュースが地球を覆い尽くすような時代になるとは思っていなかった。フェイクニュースは社会を根底から腐らし、時代を根底から揺るがすもので、中世のペストに匹敵するパンデミックではないか。一社だけではダメで、メディアが連帯することで状況を変えることができる」

と放言した。ならば毎日新聞社はペストであるから、小川一は毎日新聞社を撲滅しなければならない。

 隗より始めよ(物事は言い出した者から始めよ)!と思う方は、はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(0) | もろもろ時事評論 | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

日韓両国民は北朝鮮の人質-我が国の外貨準備高と核シェルター普及率

 消費税率8%が更に消費を低迷させたおかげで、筆者の生業の売り上げは落ちたため、筆者は値下げと節約を行わざるを得ず、筆者の所得と消費は減った(涙)。安倍内閣は国内の消費に対する懲罰課税を強化し、我々国民にデフレ・スパイラルと貧困を強要している。安倍内閣は我が国に対し経済制裁を仕掛けながら、外遊する度に諸外国に対し膨大な経済援助を行う

 筆者は心の底から安倍内閣を憎悪する。それほど政府の外貨準備が有り余っているなら、政府はその外貨準備を活用してアメリカから継続的に日本国民を護るための核シェルターを大量輸入し、まず首都圏と基地原発周辺地域に設置すべきだろうに。

 日本政府は海外援助より日本国民防護を優先すべきだと憤る方は、はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(2) | 日本の防衛を考えるコラム | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

神功皇后モードから北条時宗モードへ

 現在の国際社会には、シェイエスが「第三身分とは何か」に記述した革命的反立憲的制憲論(現存国民の意思こそあらゆる実定法を超越する至高の法源であるがゆえに、憲法制定権力は国民に有り国民自身は憲法に拘束されない)を実践する国がある。それは国民情緒法によって支配される韓国である。

 韓国の大統領、国務長官、国会議員、裁判官といった権力者は韓国の国民である。彼らは韓国の国民だからこそ韓国の国家権力者になり得るのである。通常立憲デモクラシー国家において、憲法によって国民固有の権利と規定される参政権や就官権を行使して国家権力者になっている国民は、憲法に従い国家権力を行使し、憲法に違反する法令の制定や執行は無効である。立憲デモクラシー国において憲法が国家権力を制約して国民を拘束しないことは有り得ない。

 しかし韓国では、大統領、国務長官、国会議員、裁判官が、憲法や法令や条約より国民情緒を優先し、国民情緒に支持される違憲の法令を制定執行し、あるいは平然と国民情緒に支持される条約違反を犯すのである。つまり韓国では、国民情緒という不文律が憲法・条約・法令の上位にあり、国民である彼ら国家権力者は、国民情緒には支配されるが、憲法には必ずしも拘束されないのである。

 韓国は既に立憲国家ではないと理解した方は、はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(2) | 日本の防衛を考えるコラム | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

朝日新聞論説兼編集委員の高橋純子は反社会的勢力の一員

 2月25日、朝日新聞論説兼編集委員の高橋純子は、TBS系列「サンデーモーニング」に出演し、2年後の東京オリンピックに向けて「日本!日本!と言わないと許してもらえない空気にはしない」と堂々の反日宣言を行い、ネット空間では無数の日本国民から猛非難を浴びている。なぜ高橋はここまで反日的なのか?

 高橋純子の著書「仕方がない帝国」のアマゾンレビューに、高橋純子の本性を暴く素晴らしい書評があるので以下に引用する。とんまもんさんは博識と慧眼の持ち主で、筆者はとんまもんさんの足元にも及ばない。

 遅れてきた新左翼の高橋純子と朝日とTBSのおぞましさを有権者を広める為に、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(2) | もろもろ時事評論 | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

仕方がない高橋純子ら反日左翼勢力のアベ批判は護憲運動を殺害する

 明治天皇の詔命を奉じて大日本帝国憲法原案を起草した伊藤博文、井上毅、金子堅太郎、伊東巳代治は、欧米各国の憲政史を徹底調査して、一院制を採用した国が悉く破滅的な大失政を犯したことを確認したからこそ、伊藤博文の座右の書「ザ・フェデラリスト」が力説する議会分割の法理論に忠実に従ったのである。

 すなわち彼らは、国政全般を支配するに足る立法承認権と予算承認権を持つ帝国議会を、公選の衆議院と、公選議院の弊害から免れるために公選議院とは異なる選挙方法と運営原理を持ち、かつ公選議院の弊害を矯正する構成と権能を持つ貴族院に分割したのである。

 この伊藤博文らの賢明かつ入念な措置によって、帝国憲法下では、一政党が衆議院を完全制覇し内閣を組んでも、衆議院と貴族院、帝国議会と内閣の間に権力分立矯正均衡関係が維持され、選挙専制、一党独裁、議会の機能不全が未然に防止されるのである。

 だからワイマール憲法はヒトラーの国家社会主義ドイツ労働者党(略称ナチス)の一党独裁を許してしまったが、大日本帝国憲法は国家社会主義ドイツ労働者党とソ連共産党を模倣した大政翼賛会の一党独裁を許さず、我が国の立憲君主制議会制デモクラシーを護り抜いたのである。その証拠は近衛文麿および大政翼賛会と対決した第七十六回帝国議会の議事録である。

 GHQ製日本国憲法の深刻な欠陥は憲法第9条以外にあることを有権者に伝えるために、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(0) | 本当は怖い憲法のはなし | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

杉山元陸軍大臣が説明した北支事件勃発の経緯-戦史修正のお知らせ

 所長は、国民のための大東亜戦争正統抄史57~59石原莞爾と尾崎秀実に以下のように修正を加えました(強調部分が加筆修正箇所)。

 中華民国軍が起こした郎坊・広安門・通州事件に言及していない日中戦史書や歴史教科書は虚偽であることを有権者に伝える為に、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

クリスマスに乗っ取られた12月25日の太陽復活祭

 かつてローマ帝国には、ナタリス・インウィクティと呼ばれる祭典があった。この祭典は、12月25日にソル・インウィクトゥス(不敗の太陽神)の誕生を祭るものである。このソル・インウィクトゥスとはミトラ教の太陽神ミトラスである。短くなり続けていた昼の時間(日出から日没までの時間)が冬至を境に長くなっていくことから、2世紀から4世紀ごろのローマ人は、太陽神ミトラスが冬至に「再び生まれる」という信仰をもち、12月25日に太陽神ミトラスの誕生を祝う祭りを催し、盛大な宴会を開き、飲んで食べて遊んで楽しんでいたのである。

 農産物は太陽の恩恵であり、人々はみな太陽の恩恵を受けて生きているのだから、人々が冬至後に昼が再び長くなり始めることを「太陽の復活」として喜び、12月25日に太陽神を祭る祝宴を開くことは、実に自然で道理に適う営みである。

 ところが4世紀ごろローマ帝国内で勢力を拡大していたキリスト教の西方教会が、遅くとも西暦345年にイエス・キリストの降誕を12月25日に祝うクリスマスを開始し、ナタリス・インウィクティをクリスマスにすり替えてしまった。

 我が国の神道勢力、仏教勢力、そして筆者をはじめキリスト教の一神教的独善を忌み嫌う日本国民は、断固としてクリスマスを拒絶し(笑)、進んで卑劣なキリスト教に乗っ取られた12月25日の太陽復活祭を再興すべきである。この太陽復活祭は太陽の女神とその御子孫を戴く我が日ノ本の国に相応しい祭りだからである。

 12月25日の歴史を理解した方は、はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 23:00| Comment(2) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

核兵器禁止条約の欺瞞と連合国(国連)憲章の欠陥

 1907年ハーグ陸戦法規第25条は非防守都市に対する無差別の砲爆撃を禁止したにもかかわらず、アメリカ軍は、既に制海権を喪失し資源を輸入できなくなっていた1945年の我が国の各都市に軍事上全く不必要な無差別爆撃を行った。

 法がある所には必ず違法者が現れるゆえに、法秩序を維持するには違法者を懲らしめる強制力が必要である。これは国内社会でも国際社会でも変わりない。だから核兵器禁止条約が紙の上に並ぶ美辞麗句から国際社会を実効支配する国際法に昇華し核兵器の廃絶を実現するには、条約違反国を懲らしめ、違反国に条約違反行為を中止させ原状回復を行わせるための強制力が必要である。
 そして主権国家の水平的併存状態にある国際社会においてこの強制力が最終的に単独もしくは複数の国家自身の軍事制裁とならざるを得ないことは、国際法史によって証明されている。

 しかしここで重大な問題が生じる。核兵器禁止条約違反行為(核兵器の保有)は連合国憲章第51条の「武力攻撃の発生」を形成しないため、これに対する軍事制裁は憲章第51条が許容する「自衛権の行使」を逸脱する。
 この問題を解決する一つの方法は、核兵器禁止条約が、「核兵器禁止条約違反行為を連合国憲章第51条の武力攻撃の発生とみなす」という趣旨の規定を持つことである。こうなれば、憲章第7章に基づく連合国安全保障理事会の軍事制裁決定が安保理常任理事国の拒否権行使に遭遇し無効になる場合に、核兵器禁止条約違反行為に脅かされる国々は条約違反国に対する軍事制裁措置として自衛権を発動できる。

 ここで別の重大な問題が発生する。「核兵器禁止条約に違反する核保有国」に対して「条約を遵守する非核保有国」が実施する軍事制裁措置は、それがいかなる形式を取ろうとも、後者に前者から一方的な核攻撃を受ける危険を負わせてしまう。しかし核兵器禁止条約を遵守する非核保有国がこの危険を冒す覚悟と準備と実力を持たなければ、条約違反国に対する軍事制裁は不可能となり、核兵器禁止条約は紙の上に並ぶ美辞麗句に転落してしまう。

・はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:00| Comment(0) | つまらない国際法の雑談 | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

朝鮮出身の帳場人が見た 慰安婦の真実-文化人類学者が読み解く『慰安所日記』

 文化人類学者の崔吉城教授が朝鮮出身の帳場人が見た 慰安婦の真実―文化人類学者が読み解く『慰安所日記』を出版し、この日記には「慰安婦の連行などに関する記述は一切ない。『強制連行』に繋がるような言葉すらない」と断言し、韓国に対して

「性的被害をもって問題とすることは、どの国、どの民族でも可能だ。それは、性が人間にとって普遍的なものであり、人間の生存にかかわる問題であり、恥と人権にかかわることだからである。韓国が、セックスや貞操への倫理から相手を非難することは、韓国自身のことを語ることに繋がっている。つまり、それを詳しく論じることは、いつか必ず本人に戻るブーメランのようなものなのである。ただちに中止すべきである」

と苦言を呈している。

 しかし何もかも手遅れであると思う方は、韓国の反日宣伝が真っ赤な虚偽であることを立証する朝鮮出身の帳場人が見た 慰安婦の真実―文化人類学者が読み解く『慰安所日記』を広く有権者に知らせる為に、ブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 00:00| Comment(4) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

朝日が明かす中国の嘘

 筆者は随分前に小冊子「朝日新聞社が報道した平和よみがえる南京の写真集-日本軍による虐殺などなかった証明」(田中正明著)を旧友に贈った。そうすると温厚な旧友が「朝日新聞死ね!」と言わんばかりに(笑)猛烈に朝日新聞を非難し、筆者を驚かせた。

 「朝日が明かす中国の嘘」(田中正明著/高木書房/2003年初版発行)は、朝日カメラマンが陥落直後の南京市内で撮影した写真に加えて、実際に南京攻防戦と陥落直後の南京市内を取材した三人の朝日新聞記者の虐殺否定証言と、彼らを南京に特派した東京朝日新聞・細川隆元編集局長の虐殺否定証言を掲載している。

 筆者はつい最近に本書を別の知人に贈った。そうするとその知人も「朝日新聞死ね!」と言わんばかりに(笑)長年にわたる朝日新聞の反日虚偽報道に激怒した。まさに百聞は一見に如かず。本書の写真は、戦後の朝日が実際に戦争現場を取材した自社記者の証言や写真より占領軍および中国共産党の反日虚偽宣伝を優先報道する最悪の反日宣伝工作組織であることを読者に悟らせ、真実を貴び冤罪を厭う読者の良心を沸騰させ、朝日に対する義憤を爆発させるのである。

 朝日新聞社に死をもたらす朝日が明かす中国の嘘を有権者に知らせるために、はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 00:00| Comment(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法