2021年08月21日

斎藤隆夫代議士の反近衛演説と畑俊六陸軍大臣の無惨な答弁―戦史修正のお知らせ

 所長は、「石原莞爾と尾崎秀実の戦い」国民のための大東亜戦争史1928―56を次のように加筆修正しました(強調部分が加筆修正箇所)。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 08:00| Comment(1) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

2021年08月15日

マリアナ海戦の単純な敗因―戦史修正のお知らせ

 所長は、「石原莞爾と尾崎秀実の戦い」国民のための大東亜戦争史1928―56を次のように加筆修正しました(強調部分が加筆修正箇所)。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 19:00| Comment(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2021年05月05日

隠されていなかった満洲の大豆―戦史修正のお知らせ

 所長は、「リットン報告書が中華民国の不法な排日運動に苦しめられていた我が国に同情と理解を示し、満洲事変の問題の複雑性を認めた」という記述を補強するために、「石原莞爾と尾崎秀実の戦い」国民のための大東亜戦争史1928―56の「35、満洲国協和会と大政翼賛会」を次のように加筆修正しました(強調部分が加筆修正箇所)。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2021年04月29日

もっと入国者数減らすべき!尾身茂会長

 尾身茂会長が新型コロナの水際対策としてようやく「もっと入国者数減らすべき」と提言した(詳細はこちら)。

「今、日本人と在留資格を持ってる人などが入ってくる。これ以上、減らすのは難しいが、公衆衛生学的な立場から言うと毎日、2000人入ってくる、その中のかなりの部分は変異株の多い国。私は外国からの人流を少しでも減らす事が今求められる」

 水間政憲さんをはじめ複数の識者が去年から尾身会長と同じことを主張していた。政府が「特段の事情」という理由を持つ外国人の日本入国を許可している限り、我が国において新型コロナの変異株に感染する患者数は増えるばかりである。

出入国在留管理庁
出入国管理統計速報
http://www.moj.go.jp/isa/policies/statistics/toukei_ichiran_nyukan.html
3月の外国人入国者
19393人

国籍・地域別外国人入国者数 
2021年3月
インド 917人

 総理大臣の菅義偉と自民党幹事長の二階俊博の凶悪さは、日本の防衛力を弱体化させた総理大臣の三木武夫と当時の運輸大臣の石田博英(ソ連のスパイ、詳細はミトロヒン文書 KGB工作の近現代史)の比ではなく、もはや近衛文麿と尾崎秀実の凶悪さに匹敵するのではないか。

 終りにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。

<関連記事>

朝日新聞定期購読者に「朝日死ね!」と叫ばせる凄まじい書籍

戦後日本の歴史教育および歴史報道の虚偽を立証する大東亜戦争とスターリンの謀略-戦争と共産主義

・朝日新聞社の報道犯罪を告発する脱 ・ 洗脳史講座 

旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服

小林よしのりが「論外の男系カルト」に貶めた歴代天皇

明治天皇と昭和天皇の御子孫にあたる旧宮家

・身近にいる新聞定期購読者にこの無料の第一次史料集をプレゼントすると『真実を知り、WGIPを引き継いで日本人を狂わせている朝日新聞の定期購読を止め、新聞代を節約できた』と心から感謝されますわーい(嬉しい顔)世界中で日本人に対する偏見と差別と迫害を助長している反日新聞社を崩壊させる大東亜戦争史を広めるために、終わりにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
↓↓↓
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

1934年12月のクリスマス景気-戦史修正のお知らせ

 所長は、「第二次近衛内閣の誕生から間もない昭和十五年八月一日、東京市内に千五百本もの「贅沢は敵だ」という看板が国民精神総動員本部によって立てられ、食堂・料理店での米食が禁止となった。十月三十一日には、東京のダンスホールが閉鎖になり、戦時下の我が国の世相は暗く貧しくなっていった。」という記述を補強するために、「石原莞爾と尾崎秀実の戦い」国民のための大東亜戦争史1928―56の「85、戦争指導の変遷」を次のように加筆修正しました(強調部分が加筆修正箇所)。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 09:00| Comment(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2021年02月08日

青天を衝く渋沢栄一の尊皇護国の志に満ち溢れた「論語と算盤」

 谷沢栄一と黄文雄教授によると(出典失念)、魯迅は、日本に留学し日本語を修得し、論語の訓み下し文を読んで初めて論語の意味を理解したという。この話の真贋を調査する余裕は現在の筆者にはないのだが、少なくとも明清の科挙官僚や李氏朝鮮の両班たちは論語の徳目を身に着けてはいなかった。

 訓み下しとは漢文にヲコト点・返り点・送り仮名・振り仮名・一二三点・上中下点総といった訓点を付けて漢文を日本語文に翻訳する手法で、我が国では、論語は、漢文訓み下しによって、日本風に改良されたから、日本人に理解受容され、渋沢栄一のような偉人を生み出したのであろう。

 論語と算盤の中で筆者が最も感銘を受けた渋沢栄一の教えは、常識を「智・情・意の三者が各々権衡を保ち、平等に発達したもの」と定義していることである。また算盤と権利「ただ王道あるのみ」がマルクス・レーニン主義の害毒を鋭く指摘していることは、「近代日本市場経済の父」という渋沢評に相応しい教訓である。

 渋沢の教えが1920年から30年代の戦前のエリートたちに広く深く浸透していれば、我が国は朝日新聞出身のソ連スパイ尾崎秀実ら軍の革新論者と一部新官僚民間有志ら近衛上奏文の所謂「国体の衣を着けた共産主義者」たちに国政を壟断されることもなく、大東亜戦争に敗北することもなかっただろう(晩年の岸信介元首相を驚愕絶句させた幻の名著[大東亜戦争とスターリンの謀略―戦争と共産主義参照)。

 論語と算盤は、 昭和天皇の教科書 ともども、大東亜戦争の反省であり教訓であり、各界を反日左翼勢力に牛耳られ衰退の一途を辿る平成以後の日本国を再興するための最も優れた道徳倫理教科書である。

 終りにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

2021年02月06日

国際連盟極東阿片吸飲取締調査委員会の報告(国際連盟事務局調査局)

 満洲帝国が実施した阿片専売制は、我が国の台湾統治で大成功を収めた「断禁主義に基づくアヘン中毒患者漸減方策(アヘン漸禁政策)」である。それは1931年に国際連盟の極東阿片吸飲取締調査委員会によって各国に提案された政策でもあった。
 NHK、朝日新聞、東京新聞は、それをあたかも日本軍が戦費調達のために行った非人道措置の如く報道し、非難したのである。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2021年01月07日

今日のマスコミと教科書が教えない「満洲事変時の満蒙独立運動」

 所長は、「なぜなら満洲事変当時、急伸した新しいメディアであるラジオに対抗するために、新聞各紙が莫大な費用をかけて戦場報道にのめりこみ」という記述を補強するために、石原莞爾と尾崎秀実の戦い」国民のための大東亜戦争史1928―56の「35、満洲国協和会と大政翼賛会」を次のように加筆修正しました(強調部分が加筆修正箇所)。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 17:00| Comment(2) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2021年01月04日

アメリカの禁酒法と満洲帝国のアヘン漸禁政策-戦史修正のお知らせ

 文春がマンガ『満州アヘンスクワッド』原作者インタビューで虚報の詐術を使い多くの読者を騙したので、所長は「石原莞爾と尾崎秀実の戦い」国民のための大東亜戦争史1928―56の「35、満洲国協和会と大政翼賛会」を次のように加筆修正しました(強調部分が加筆修正箇所)。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:00| Comment(0) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2020年09月01日

橋本龍太郎の後悔と自責の念を無視する冷酷非情な次期自民党総裁候補者たち

 2001年の自由民主党総裁選挙に出馬した橋本龍太郎は、自身の公式ホームページにて、財政再建を急ぐあまり経済の実態を十分に把握しないまま消費税増税に踏み切り、結果として不況に陥らせたことを謝罪した。

 橋本内閣によって実施された消費税率の引き上げは、日本経済をデフレ不況に陥れ、経済苦の自殺者を激増させ、深刻な就職氷河期を生み出した。これを目の当たりにした橋本龍太郎は、「財政再建のタイミングを早まって経済低迷をもたらした」「私は平成9年から10年にかけて緊縮財政をやり、国民に迷惑をかけた。私の友人も自殺した。本当に国民に申し訳なかった。これを深くお詫びしたい」という自責の念を示し、財務省の口車に乗って消費税率を引き上げ緊縮財政を行ってしまったことを死ぬまで後悔していた。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(0) | もろもろ時事評論 | 更新情報をチェックする

2020年08月09日

類は友を呼ぶ猪瀬直樹の「昭和16年8月の敗戦」

 内閣総力戦研究所が昭和16年7月末から9月初旬に亘り南方戦争を仮想演習し「日本の敗北」という結果を導き出した。だからそれを熱心に見学していた東條英機陸相は総理大臣就任後には日米和平交渉の妥結に尽力したが、ハルノートを拒絶し対米英開戦を決定した。

 12月16日の第78回帝国議会において東條首相が国民に説明した開戦理由は、ハルノートの対日要求中の次の三点「帝国の支那及び仏印よりの全面的撤兵」「南京政府の否認」「三国条約の破棄」の受諾が不可能であったことである。

 だから東條内閣が対米英開戦を決断した原因は、近衛内閣が参謀本部の猛反対を恫喝してトラウトマン和平工作を打切り「国民政府を対手とせず之を抹殺する」の近衛声明を発表して支那事変を拡大長期化させ、三国同盟を締結し、汪兆銘の南京政府を正式承認し、仏印進駐を強行したことに他ならない。

 従って日本が無謀な対米英開戦へと突き進んだ原因の分析とは、三次にわたる近衛内閣および近衛文麿の分析でなければならないのに、猪瀬直樹の「昭和16年夏の敗戦」のそれを行わない。

 内閣総力戦研究所所員であった昭和陸軍の良心こと堀場一雄中佐は、その前に参謀本部戦争指導班長としての数々の警告を発したが、その警告の一つ「今や国民政府相手にせずの自らの声明に束縛せられ軽率なる新中央政府樹立乃至態度決定は百年の悔を遺すものなり」(昭和14年7月5日事変解決秘策案)が現実化してしまったのに、猪瀬は「昭和16年夏の敗戦」に堀場を登場させながら、そのことに全く気付かない。つまり猪瀬は「昭和16年夏の敗戦」に我が国が無謀な戦争へ突入したプロセスを克明に描いてもいなければ、日本的組織の構造的欠陥を衝いてもいない。

 そもそも昭和16年3月に陸軍省戦備課が物的国力の分析から対南方武力行使に成算がないことを陸軍省部の主務者と首脳陣に説明し、彼らに南進を断念させたが( 大本営陸軍部戦争指導班 機密戦争日誌 昭和十六年三月二十七日の条)、独ソ戦勃発確実という情報が陸軍省部内に断固南進強行論を復活させたのである(機密戦争日誌昭和十六年六月六日の条)。

 猪瀬がこの史実に気付かないまま陸軍省戦備課の分析結果を後追いしただけの内閣総力戦研究所を過大評価しているのは洵に滑稽で、猪瀬直樹は大東亜戦争の真実を全く把握していないのである。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 09:00| Comment(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

2020年07月26日

創氏改名日本名強制説と慰安婦強制連行説が真っ赤な嘘である証拠史料-朴春琴代議士の質問演説

 創氏の届出期間(1940年2月11日から8月10日までの6ヶ月)の終了から約半年後の1941年2月18日、衆議院において、大日本帝国内における朝鮮人(もちろん当時は日本国民)の地位向上に尽力していた朝鮮人の朴春琴代議士が陸軍省軍務局長の武藤章少将に朝鮮人志願兵採用人数の大幅増加と在朝鮮師団の増設を要求した。この第一次史料によって記録された事実(史実)は創氏改名日本名強制説と慰安婦強制連行説が真っ赤な嘘である証拠の一つである。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 12:00| Comment(2) | 過去を旅する歴史コラム | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

平然と虚偽宣伝を繰り返す種苗法改正反対派の山田正彦

 民主党政権の元農林水産大臣で弁護士の山田正彦が月間日本のインタビューに答えて次のように発言した。

―― 種苗法改正の影響はどこまで及ぶのですか。

 山田:いま述べたように、今後農家は「企業の小作人」になりかねませんが、それ以外の農家は廃業を余儀なくされるでしょう。種苗法改正は農家に「隷属か、さもなくば廃業か」という踏み絵を突きつけているのです。

 まず種苗法改正によって生産コストが上がります。これまで自分たちで採ったり増やしたりしていたタネや苗を購入するようになれば、追加コストがかかるからです。生産コストが上がれば、経営が立ちいかなくなる農家が続出します。たとえば、コメの専業農家である茨城県の横田農場は8品種のコメの種子6700キロを自家採種していますが、これらをすべて購入しなければならなくなると、350~490万円の負担増になります。同社は農水省の検討会で「これでは経営がたちいかなくなる」と訴えていました。


 ところが山田の主張は真っ赤な虚偽であった。山田正彦は横田農場代表の発言を改竄し捏造していたのである!

 種苗法改正反対派の虚偽宣伝に騙される人を減らすために、はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(0) | もろもろ時事評論 | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

石原莞爾と尾崎秀実の戦い-戦史修正のお知らせ

 所長は政府から頂戴した10万円の給付金を御国の為に活用すべく(笑)、思い切って東京裁判却下未提出弁護側資料全八巻を購入し、これを契機にして「戦争の天才と謀略の天才の戦い」国民のための大東亜戦争抄史1928―56を「石原莞爾と尾崎秀実の戦い」国民のための大東亜戦争史1928―56に改め、35、満洲国協和会と大政翼賛会、65、平和と自由に対する罪、95、近衛文麿の正体、98、戦後民主主義の本質を次のように加筆修正しました(強調部分が加筆修正箇所)。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 22:00| Comment(0) | 所長が選ぶ名著と迷著の紹介 | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

種苗法改正による育成権保護強化は日本農業を衰退させない

 種苗法の改正によって今まで以上に保護される登録品種の育成者権とは、農業分野の知的財産権である。ウィキペディアは育成者権を次のように解説している。

 育成者権(いくせいしゃけん, Plant Breeder's right, PBR)とは、植物の新たな品種に対して与えられる知的財産権(あるいは無体財産権)である

 植物の新品種の創作に対する保護を定めた法律である種苗法には、植物の新たな品種(花や農産物等)の育成をした者は、その新品種を登録することで、登録品種等(登録品種及び当該登録品種と特性により明確に区別されない品種)を業として利用する権利(育成者権)を専有する旨(種苗法第20条第1項)が定められている。

 育成者権における権利の形態は、特許権や実用新案権のしくみと非常によく似ており、たとえば、優先権や専用利用権、通常利用権、先育成による通常利用権、裁定制度、職務育成品種、審査(実際に試験栽培が行われる)を経て登録がなされるなど、多くの共通点を有している。

 この種苗法における育成者権は、他の知的財産権と同様に、アジアなどにおける海賊版農産物が大きな問題になっている


 たとえば、日本国内で開発された新品種(北海道が育成したいんげん豆「雪手亡」や、栃木県が育成したいちご「とちおとめ」など)が、中国や韓国などで無断で栽培され、日本に逆輸入される事件があった。

 このような風潮は、農業関係者の長い間の努力にただ乗りする行為であって、日本の付加価値の高い産業の力を弱めることになる。このため、農林水産省生産局をはじめ、政府各機関では、育成者権の侵害対策強化に乗り出している。


 工業分野の知的財産権の保護強化に反対しないのに、農業分野の知的財産権の保護強化に反対することは、農業に対する差別である。

 はじめにブロガーへ執筆意欲を与える一日一押人気ブログランキングをクリック願います。続きを読む
posted by 森羅万象の歴史家 at 21:00| Comment(0) | もろもろ時事評論 | 更新情報をチェックする
左翼歴史学者が顔面蒼白次項有幻の名著!戦争と共産主義-大東亜戦争とスターリンの謀略の目次韓流を楽しくする朝鮮民族を読み解く7つの鍵古代史学者は韓国人のなりすましか継体新王朝説を斬る「歪められた日本神話」とんびがタカを生むスーパー日本人を育てる適才教育・戦後民主主義の終着点は家族の解体と日本国の滅亡-なぜマルクスレーニン教は地獄の門を開くのかバカげた舛添要一の女性女系天皇容認論ナチスを愛した沢田研二の窮状・日本の国益を破壊する朝から晩まで反日新聞の錯覚商法天照大神は男系(父系)の女神小林よしのりの欺瞞皇室典範の改悪と日本版「文化大革命」を促す
本当は怖い日本国憲法の話次項有福島瑞穂の政治生命を奪う悪魔の憲法問答・日本国憲法の性格を映す災害基本法-菅直人が嘲笑される理由・韓国の邪悪な野望を打ち砕くアダム・スミスを超える日本の社会思想家・韓国人を震え上がらせるための日本憲法学の密教諸君が愛してくれた日本国憲法は施行前に死んだ!なぜだ!?逆賊の憲法改正案に御用心憲法の本質を示す憲法改正の手続き神州不滅思想が妨害する真正の法力(憲法の非常事態対処能力)再生方策・神か人か天皇とは何か・恐るべき小沢一郎の憲法論日本がアブナイ!日本国憲法の改正が日本国の自殺になる理由・日本国憲法の追認を戒める昭和天皇のおほみうた昭和天皇と憲法改正-エセ民族派が行っている最悪の天皇利用旧宮家の皇室復帰意義は30年前の予言書が指摘する日本の最悪危機の克服・小泉内閣の大罪女系天皇は憲法違反
教科書が教えられない日本の近現代史次項有韓国が日本の皇室を侮辱する歴史的理由・在日パチンコに魂を売った朝敵歴代天皇を論外の男系カルトに貶めたギャグ漫画家堀栄三元参謀の情報戦記が触れない大本営の奥の院の所在と正体・軍紀厳正を誇った日本軍の強姦、韓国軍のレイプ、支那軍の洗城・ああ惜しかったふらふら大日本帝国唯一の勝機・あなたの知らない石原莞爾の対アメリカ政戦略吉田茂が現役復帰させた史上最悪の反日的日本人日本共産党の反日史観によれば志位和夫の祖父は慰安婦強制連行の実行犯・パル判決が語る朝鮮人慰安婦強制連行説の虚構浄土真宗親鸞原理主義者が隠蔽する本当は恐ろしい国家神道の正体日本経済を破壊する辛坊治郎の狂態・人間の屑集団マスゴミが隠蔽する南京大虐殺が法的に成立しない理由捏造と自虐の昭和史を打ち破る日本人に知られては困る歴史
日本人が元気になります!知らないと損する情報次項有・あなたの新聞定期購読は国民生活と国家経済の自殺経済失政はなぜ繰り返すのかインテル長友佑都が実践日本人の潜在能力を引き出すトレーニング方法読み書き運動が苦手なのには理由があった学ぶことが大好きになるビジョントレーニング人生の無駄遣いテレビの視聴を止めて実践すれば病み疲れた体を癒す力を呼び覚ます驚愕の気功法